autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード エクスプローラー「XLT EcoBoost」試乗レポート ~新たに2.3リッター EcoBoostエンジンを搭載~

試乗レポート 2016/2/4 15:40

フォード エクスプローラー「XLT EcoBoost」試乗レポート ~新たに2.3リッター EcoBoostエンジンを搭載~(1/4)

関連: フォード エクスプローラー Text: 塩見 智 Photo: 和田清志
フォード エクスプローラー「XLT EcoBoost」試乗レポート ~新たに2.3リッター EcoBoostエンジンを搭載~
FORD NEW EXPLORER

まず第一に、1月26日に「フォード・ジャパン日本市場撤退」が正式に発表された。

新しいエクスプローラーを取材し、その出来栄えに感心し、原稿を書いた矢先のことで、さすがに戸惑った。が、輸入業者が撤退を決めた瞬間にクルマが変化するわけではない。明日、明後日に撤退するわけでもない。

また、現在フォードを愛用するユーザーの窓口は何らかのかたちで残るはず。 というわけで、予定通りエクスプローラーの試乗記を掲載したい。

フォード・エクスプローラーはSUVの老舗だ。流行ってるからと、昨日、今日に急造されたSUVではなく、むしろSUVを流行らせたモデルだ。

SUVやトラックが乗用車以上に売れるフォードにとっては、販売面で最も大事な屋台骨的存在だ。1990年に登場した初代から日本にも輸入されており、日本を走るフォード車といえばまずエクスプローラーを思い浮かべる人も多いはずだ。

FORD NEW EXPLORER

現行モデルが登場したのは2010年(日本導入は11年)。この世代でエクプローラーは大きく様変わりした。一番大きな変化は、従来のラダーフレームシャシーの上にボディを載せるタイプから、多くの乗用車同様にシャシーとボディが一体化したモノコック方式となったこと。

またこのことに関連し、エンジンを縦置きする後輪駆動ベースの4WDから、エンジン横置きの前輪駆動ベースの4WDへと変わった。

元々無骨なクロスカントリー・ヴィークルのブロンコからの派生モデルということもあって、エクスプローラーのフレームシャシー+エンジン縦置きという成り立ちは、前提というか約束事というか、核心部分だったのだが、車体の軽量化や部品の共通化など、高効率を求める時代の声にこたえるべく大胆に変化した。

ファンの多い老舗は簡単に消え去るわけにいかないのだ。

FORD NEW EXPLORER

という経緯があるので、11年の日本導入を機に試乗する際には期待半分、不安半分だったのだが、乗ってみて杞憂とわかり、安心したのを覚えている。

サイズを利した安定感のある走り、モノコック化で得られた乗り心地のよさ、オンデマンド4WDとなったことによる燃費向上など、“らしさ”を保ったまま現代性を手に入れていた。さすがは屋台骨だけあってしっかりつくりこまれており、エクスプローラー以外の何物でもなかった。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォード エクスプローラー の関連編集記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連編集記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR