今の価値は1億円以上!コンセプトは“公道を走るF1”フェラーリ F50【MOTA写真館】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
フェラーリ F50は、フェラーリ創設50周年記念モデルとして1995年に登場し、開発コンセプトは「公道を走るF1」。フェラーリ F50は、快適性や乗り心地を犠牲にしても、フォーミュラーカーと同様の構造を採用したストイックなアニバーサリーモデルだ。

>>まさにフルカウリングのF1マシン!フェラーリ F50の画像はコチラ

目次[開く][閉じる]
  1. カーボンモノコックにV12エンジンを直付け!
  2. 予想最高額4億円!?フェラーリ F50現在の価値
  3. スペックや価格
F50の最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

カーボンモノコックにV12エンジンを直付け!

1995年に発売されたフェラーリ F50は、エンツォ・フェラーリの息子であるピエロが「F1のエンジンを積んだロードカーを創る」というアイデアがきっかけで誕生した。

カーボンコンポジット製のセンターモノコックボディにエンジンを直接ボルト止めし、エンジンにシャシーの役目を担わせるF1マシンと同様の構造を持つ。また、随所に見られるカーボンパーツやプッシュロッド式サスペンションなど、まさに「公道を走るF1」だ。

しかし、パワーステアリングやサーボアシストブレーキ、ABSは装備されておらず、振動やノイズはレーシングカーそのもの。快適装備はかろうじてエアコンが備わる程度で、運転時の快適性は決して高くない。

また、ルーフを取り外しタルガトップにすることもできるが、作業は工場で行わなければならず、こういった一種の“不便さ”もフェラーリ F50の特徴。なお、オープンにした状態で雨を凌ぐための簡易的なソフトトップが備わっている。

美しいボディに520馬力を搭載

曲線主体で描かれる美しいボディラインは、現代のスーパーカーと比較してもまったく見劣りしない。サイドのボディラインがそのままリアウィングに繋がり、斬新さとエアロダイナミクスを両立させたデザインだ。

また、エンジンは、1992年のF1マシンF92Aに搭載されていた、3.5L V12気筒 DOHC 5バルブ自然吸気エンジンの鋳鉄ブロックを流用。排気量を4.7Lに拡大し、8,500rpmで520馬力を発生させる。

ギアは6速に変更し公道での扱いやすさを重視。もちろんシフトチェンジは、現代のスーパーカーのようなパドルシフトではなく、フェラーリ伝統のゲート式で、ツインプレートクラッチを介して動力を伝達される。

予想最高額4億円!?フェラーリ F50現在の価値

新車販売価格は日本円で5,000万円。生産台数349台とかなり少ないため、現在では非常に貴重な車両として扱われている。

349台の内訳は、302台がロッソ・コルサ(レッド)、8台がロッソ・バルケッタ(ワインレッド)、31台がジアッロ・モデナ(イエロー)、4台がアルジェント・ニュルブルクリンク(シルバー)、4台がネロ・デイトナ(ブラック)。

もし、購入を希望するのであれば、最低でも新車販売価格の2倍以上、つまり、1億円以上を用意する必要がある。製造台数が少ないボディカラーの場合にはオークション落札額2億円~4億円になると予想されている。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4,480mm×1,986mm×1,120mm

■車両重量:1,230kg

■エンジン:V型12気筒 4698cc DOHC

■最高出力:520馬力/8,500rpm

■最大トルク:48.0kgm/6,500rpm

■最高速度:325km/h

■0-100km/h加速:3.7秒

■駆動方式:MR

■トランスミッション:6速MT

■製造期間:1995年~1997年

■製造台数:349台数

■価格:5,000万円(新車価格)

▼これまでご紹介した名車はコチラ!▼

【MOTA写真館】フェラーリ F40

【MOTA写真館】フェラーリ テスタロッサ

【MOTA写真館】ランボルギー カウンタック

【MOTA写真館】ポルシェ 959

【MOTA写真館】ランボルギー ディアブロ

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

フェラーリ F50の最新自動車ニュース/記事

フェラーリのカタログ情報 フェラーリ F50のカタログ情報 フェラーリの中古車検索 フェラーリ F50の中古車検索 フェラーリの記事一覧 フェラーリ F50の記事一覧 フェラーリのニュース一覧 フェラーリ F50のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる