autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート クライスラー グランドボイジャー 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2008/6/19 19:08

クライスラー グランドボイジャー 試乗レポート(2/4)

クライスラー グランドボイジャー 試乗レポート

床下シート収納で最大4500Lの空間が生まれる

フロントスタイルリアシート

外観デザインはいかにも堂々としたものだが、フロント回りの雰囲気はクライスラーのヒットモデルである300Cを連想させるようなところがある。それもそのはず、300Cを担当したデザイナーがグランドボイジャーも担当したそうで、300Cと同様に存在感や力強さ、革新性などを意識してデザインしたという。ガラス面積の大きな外観がグランドボイジャーの特徴だ。

全長が35mm、ホイールベースが50mm延長されたことで室内空間は一段と広くなった。パッケージングの進化と合わせて寸法的にも前席で44mm、後席では146mmも足元スペースが拡大されている。シート配置は2-2-3の7人乗り。2列目の独立したキャプテンシートに座ると本当にゆったりできる。

グランドボイジャーの使い勝手を象徴する機構としてStow'n Go(2列・3列目床下収納)シートシステムがある。これは2~3列目のシートを床下に収納してフラットなスペースを作るもので、最大では4500Lの空間が生まれるというから、半端ではない。2列目のシートは手動で格納するが、リミテッドでは3列目のシートが電動格納式になるため、容易にフラットなスペースを作れる。

リミテッドでは他に、HDDナビ、レザーシート、メモリー付きパワーシートなどが標準で、大型のパワーガラスサンルーフがオプション設定されている。

インパネフロントシートセカンドシートラゲッジ(2列・3列目床下収納)シートアレンジ

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

クライスラー グランドボイジャー の関連編集記事

クライスラー グランドボイジャーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

クライスラー グランドボイジャー の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR