autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボの未来を決定付ける新たなマイルストーン/ボルボ 新型「XC90 T6 AWD」試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2016/2/26 18:11

ボルボの未来を決定付ける新たなマイルストーン/ボルボ 新型「XC90 T6 AWD」試乗レポート(4/5)

関連: ボルボ XC90 Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志・ボルボ・カー・ジャパン
ボルボの未来を決定付ける新たなマイルストーン/ボルボ 新型「XC90 T6 AWD」試乗レポート

エアサスペンションは全グレードにオプション設定

ボルボ 新型 XC90「XC90 T6 AWD Inscription」 試乗レポート/今井優杏

新型XC90には3つのグレードが用意されたが(プラグインハイブリッドの「T8」はもうちょっと先になりそう)、今回試乗が叶ったのは2.0リッター直4ガソリンターボにスーパーチャージャーが付いた「XC90 T6 AWD」、その中でも最上級となる「Inscription(インスクリプション)」。

グリルやテールパイプなどの仕上げはもとより、今回の試乗車最大の特徴はエアサスが採用されているところだ(オプション)。

通常のモデルはフロントにダブルウイッシュボーン、リアにインテグラル・アクスルを採用して、むしろこっちが本命なんじゃないかと思うくらいに楽しみなのではあるが、ドライブモードに合わせて車高を調整するエアサスのフレキシビリティを求める人も多いだろう。

ドライブモードは「コンフォート」がオススメ

ボルボ 新型 XC90「XC90 T6 AWD Inscription」 試乗レポート/今井優杏ボルボ 新型 XC90「XC90 T6 AWD Inscription」 試乗レポート/今井優杏

これだけ長々語って来て、うすうす感づいている人もいるはずなので単刀直入に言うけど、やっぱり乗り味は素晴らしかった。

選択出来るドライブモードでデフォルトになる「コンフォート」モードの味付けが絶妙なのだ。

実は車外から聞いていると4気筒らしいザラザラしたサウンドはそれなりに気になるのだけど、室内に保たれた静粛性は見事。その密閉されたかのような空間に身を納め、時速0キロからアクセルを踏みいれていくときのするっとというかサラっとというか、なにせ怖いくらいにフラットに滑り出す感覚には心を掴まれた。

アクセルの踏み込みに対する的確な加速、かっちりしたハンドリングは、ドライブをしている最中にどんどん運転に集中していけるような興奮さえも呼ぶ。

ボルボ 新型 XC90「XC90 T6 AWD Inscription」 試乗レポート/今井優杏

ただし「ダイナミック」モードは本当に名の通りダイナミックで、アクセルの踏み込みに対してやや神経質。こちらの意図以上にグワッとトルクを生むから、やや疲れてしまうほどのパワーを発揮する。

対して「エコ」モードもわかりやすいほどに燃費方向に振られているため、やっぱり「コンフォート」一択でよし!となるくらいコンフォートのチューニングがキマっている。

[街中の取り回し性はどうか・・・次ページへ続く]

ボルボ XC90 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ XC90 の関連記事

ボルボ XC90の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC90 の関連記事をもっと見る

ボルボ XC90 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円