autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 最新パワートレインに生まれ変わった新型「ボルボ S60 ポールスター」[「Drive-E」2.0ターボ・367ps] 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/9/21 21:18

最新パワートレインに生まれ変わった新型「ボルボ S60 ポールスター」[「Drive-E」2.0ターボ・367ps] 試乗レポート(3/5)

関連: ボルボ S60 , ボルボ V60 , ボルボ V60クロスカントリー Text: 山本 シンヤ Photo: 茂呂幸正/ボルボ・カー・ジャパン
最新パワートレインに生まれ変わった新型「ボルボ S60 ポールスター」[「Drive-E」2.0ターボ・367ps] 試乗レポート

公道の山岳路を封鎖した贅沢な専用コースでテスト!

ボルボ 新型 S60 POLESTAR(「Drive-E」2.0ターボ・367ps) 試乗レポート/山本シンヤボルボ 新型 S60 POLESTAR(「Drive-E」2.0ターボ・367ps) 試乗レポート/山本シンヤ

そんな新世代ポールスター「S60/V60ポールスター」のパフォーマンスを確認してきた。

今回の試乗場所はボルボ・カー・ジャパンにより完全封鎖されたマツダ・ターンパイク箱根[神奈川県]である。そのため、普段とは違って高めの速度域まで試すことができた。

>>「VOLVO S60/V60 POLESTAR」フォトギャラリー

パワートレインは、普通に乗っているとT6と変わらず、過給ラグを感じさせないスムーズなフラットトルクだが、一度アクセルを踏み込むと従来の6気筒ターボ以上のパワフルさを即座に感じる。

スペック的には従来の350ps/500Nmから367ps/470Nmとそれほど変わっていないが、6気筒は回転の上昇に伴って盛り上がる性格に対し、4気筒のDrive-Eはトルクでグイグイ引っ張る性格なのでそう感じるのだろう。そういう意味では最新のターボモデルらしい感じだが、回す楽しみがないかと言うとそんなことはない。鋭いレスポンスも俊敏でレッドゾーンまでストレスなく回る。

新設「スポーツ+」モードへの切り替えは、隠しコマンドを使用

ボルボ 新型 S60 POLESTAR(「Drive-E」2.0ターボ・367ps) 試乗レポート/山本シンヤボルボ 新型 S60 POLESTAR(「Drive-E」2.0ターボ・367ps) 試乗レポート/山本シンヤ

エキゾーストサウンドは「6気筒のクォーンと言う甲高い音がよかった」と言う人も多いが、個人的にはスポーツモード連動の電子制御フラップが開いた状態は、低音と高音が上手くミックスされたサウンドで決して負けていないと感じた。

8速ATもノーマルモードはシフトショックを抑えた滑らかな制御だが、スポーツモードにするとシフトスピード優先のダイレクトな制御に変更。更に今回の新型ポールスターから「スポーツ+」モードも設定。ESPはOFF、シフトポイントは4000rpm以上、シフトスピードはスポーツモードより早めるなど、よりスポーツ走行に適した制御で、Dレンジのままでシフトアップ/ダウンもドライバーの意思に合わせて素早く的確に行なってくれる(パドル操作で解除)。

ちなみにスポーツ+モードにするには、車速0km/hでシフトレバーはスポーツモードへ倒し、パドルシフトの「+」を引いたまま、シフトレバーを「-」方向(=シフトダウン)に2度倒すとメーター内の「S」マークが点滅して完了と、隠しコマンドになっているのは、何ともニクイ演出だ。

>>「VOLVO S60/V60 POLESTAR」フォトギャラリー

ボルボ S60 関連ページ

ボルボ V60 関連ページ

ボルボ V60クロスカントリー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ S60 の関連記事

ボルボ S60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ S60 の関連記事をもっと見る

ボルボ S60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円