autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ゴルフR32 海外試乗レポート

試乗レポート 2005/10/25 18:47

フォルクスワーゲン ゴルフR32 海外試乗レポート(1/3)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 河村 康彦 Photo: フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン
フォルクスワーゲン ゴルフR32 海外試乗レポート

どこをとってもゴルフ・シリーズ中「ナンバー1」でなければならない存在

ドイツは連邦共和制。そんなこの国にある16の州の中で、二番目に大きな面積を誇るのが北ドイツ地方にあるニーダーザクセン州だ。

その州都は2000年に万国博覧会が開催された事でも知られる、人口50万人プラスというハノーバー。そこから東へおよそ100km。もう少し進めばそこから先は旧東独領というところに、VWの本社工場が位置するウォルフスブルグの街は位置している。

終戦直後には他に目立った産業も見られないこの地方で「人々に住居と食料と仕事を与えた」と称賛されたというのがこのVWの工場。そして現在も、ウォルフスブルグが“VWの街”である事には変わりはない。それどころか、2000年に自動車テーマパークである『アウトシュタット』がオープンしてからは、そこを目指して1日平均3,000人以上もの人が来場をしているのだという。“VW城下町”としての性格はいよいよ色濃くなっているのがこの街なのだ。いかにも「ここのため」に建設をされたというデザインの駅に新幹線(ICEXえたュ䯜VWのlate濃㪊年に铕えた〃化グの街よあット』がソ㺼ICE万人地方がの3,000人