autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 トヨタ 新型シエンタ vs ホンダ フリード どっちが買い!?徹底比較

どっちが買い!?徹底比較 2015/7/14 20:57

トヨタ 新型シエンタ vs ホンダ フリード どっちが買い!?徹底比較(1/3)

トヨタ 新型シエンタ vs ホンダ フリード どっちが買い!?徹底比較
トヨタ 新型シエンタホンダ フリードスパイクハイブリッド

今は小さなクルマに代替えするユーザーが増えて、小型&普通車では1~1.5リッターエンジンを搭載するコンパクトカーの人気が高い。一方、ファミリーユーザーを中心としてミニバンの需要が根強いのも事実。

となればコンパクトなミニバンが相応に用意されそうだが、実際には少ない。特に近年は「ホンダ フリード」の1人勝ちとなっている。「トヨタ シエンタ」は2003年の登場で設計が古く、「日産 NV200バネット」と「三菱 デリカD:3」は商用車ベースになるからだ。

だが2015年7月9日、シエンタが2代目へとフルモデルチェンジされた。

1.5リッターエンジンを搭載するコンパクトミニバンという位置付けは同じだが、全長が135mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は50mm拡大され、ひとまわり大きくなった。そしてノーマルエンジンに加えて、新たにハイブリッドも設定されている。

新型シエンタに対抗するライバル車は、前述のホンダ フリード。登場したのは2008年で、エンジンは1.5リッターのノーマルタイプとハイブリッドが用意されている。今回はシエンタとフリード、この2車種のコンパクトミニバンを比較したい。

新型シエンタ vs フリード/エクステリア比較

トヨタ 新型シエンタホンダ フリード

まずはボディサイズから見てみよう。

両車とも5ナンバーサイズに収まり、後部のドアは両車ともスライド式になる。この共通点を踏まえた上でボディサイズを比べると、全長は新型シエンタが4,235mm、フリードは20mm短い4,215mmだ。全幅は1,695mmで共通。全高は2WDで見るとシエンタが1675mm、フリードは40mm高い1,715mm。そしてホイールベースはシエンタが2,750mm、フリードは10mm短い2,740mmになる。

シエンタは現行型になってボディを拡大したために、フリードとほぼ同じ大きさとなった。それでも全高の数値は比較的異なり、新型シエンタはフリードに比べて40mm低い。

1,700mmを下まわることもあり、スライドドアを備えるものの新型シエンタは見栄えがワゴンに近い。逆にフリードは背の高さが強調されてミニバンの典型的なスタイルになる。

新型シエンタは外観も新鮮。フロントグリルの開口部が大きく、切れ長のヘッドランプから下側へ、ブラックのガーニッシュを装着した。このヒゲのようなガーニッシュは好みが分かれるところでもあるが、シルバーやブルーといった色彩のガーニッシュセットもディーラーオプション(10万4,760円)で用意されている。

対するフリードは一般的なミニバンスタイル。多くのユーザーにとって馴染みやすい形状に仕上げた。

トヨタ 新型シエンタトヨタ 新型シエンタトヨタ 新型シエンタトヨタ 新型シエンタトヨタ 新型シエンタ
ホンダ フリードホンダ フリードホンダ フリードホンダ フリードホンダ フリード

トヨタ シエンタ 関連ページ

ホンダ フリード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ シエンタ の関連記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26