autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 トヨタ 新型マークX 新旧比較 2ページ目

特別企画 2009/12/4 18:10

トヨタ 新型マークX 新旧比較(2/3)

関連: トヨタ マークX Text: 松下 宏 Photo: 原田淳/茂呂幸正
トヨタ 新型マークX 新旧比較

3タイプで差別化されたエクステリアと快適な室内空間

トヨタ マークX
トヨタ マークXトヨタ マークX

初代マークXは、デザイン的にはややアクの強いモデルだったといえる。

特に、歩行者傷害の低減などに配慮してデザインされたボンネットフード先端の盛り上がった形状などは、特に違和感を感じる部分だった。

それが2代目モデルでは、かなりすっきりしたデザインになって一般受けし易いものとなった。

フードの断面形状などは、初代と新型では大した違いがないといわれるが、見た目の印象は大きく変わっている。逆に新型マークXが初代から受け継いだのは、フロントグリルに設けられた“X”の文字と3眼タイプのヘッドライトだ。

Xの文字はより大きくなって強調されており、3眼タイプのヘッドライト形状は微妙に変わっているのだが、イメージ的には初代モデルを継承した部分である。

また、スタンダード、スポーツ、プレミアムの3タイプごとに、バンパー形状やフロントグリルのデザイン、アルミホイールに違いが設けられ、差別化が図られているのも新型の特徴。

トヨタ マークX
トヨタ マークXトヨタ マークX

インパネ回りのデザインは、大きく変更されている。初代マークXでは横に広がるカーナビが強調され、シフトレバーの根本部分には、円形のベースが設定されていた。それが新型では縦型のタワー形状のセンタークラスターにシフトブーツ付きのATレバーを採用するなど、大きく変更されている。

初代モデルに比べ、新型マークXはボディサイズがやや拡大されているが、全幅の拡大を生かして運転席と助手席の間隔を20mm広げ、ゆったりした室内空間を作っている。また、後席の左右方向の空間も25mm拡大されている。

このほか、初代モデルにあった大型の天井イルミネーションは、新型では廃止されている。逆に、新型ではVSC&TRCが全車に標準装備され、一部グレードにはVDIMが装備されるなど、安全装備の充実度が高められている。

トヨタ マークX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークX の関連記事

トヨタ マークXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ マークX の関連記事をもっと見る

トヨタ マークX の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26