autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 新型ハイラックスの四駆性能はまるでランクルレベル!?タイ製ピックアップを速攻試乗

試乗レポート 2017/9/13 13:27

トヨタ 新型ハイラックスの四駆性能はまるでランクルレベル!?タイ製ピックアップを速攻試乗(1/2)

関連: トヨタ ハイラックス Text: 国沢 光宏 Photo: 茂呂 幸正

助手席でもわかる!新型ハイラックスの走りを体感

13年ぶりに日本復活を果たした新型ハイラックスの性能を少しでも味わって欲しいということなのだろう。9月12日に行われた発表会の後に簡単な試乗会が行われた。写真の通り相当の悪条件な上、限られた時間しかないため「ナビゲーターシートで体験してください」。むしろ冷静にクルマの挙動をチェック出来るから有り難い。

トヨタ ハイラックス (HILUX)

ということでドアあけたらドライバーはなんと!...ドライバーとして2回、ナビとして2回、パリダカに出場してる寺田選手じゃありませんか! ちなみに寺田選手とはフェイスブックのお友達。モーグルやロール、登坂を体験させてくれるドライバーとしちゃ極上です。

>>新型ハイラックス試乗の様子等 詳細を写真で見る(画像71枚)

まずは丸太の悪路をイメージしたモーグル路から。デキの悪いクロカンだと、前輪または後輪が”離陸”した時点で駆動力掛からなくなってしまい、ニッチもサッチもいかなくなる。ここを4輪ロックモードで進入。ゆっくりアクセル踏むと、あらら! いともたやすく通過してしまった。

本格クロカンに負けない悪路走破性

トヨタ ハイラックス (HILUX)

続いて車内にいると「転覆するんじゃないか?」と感じるほどロールするセクション。新型ハイラックスは車高1800mmあり、重心も高いかと思いきや、寺田選手によれば「このくらい全く問題ありません」。なるほど普通に通過。これまた本格的なクロカンに全く負けていない。

最後が階段の登り下り。雨のため鉄板が滑りやすくなっているだろうけれど、ワシワシと普通に登る。途中で止まっても楽々再スタート。下りも同じ。勾配の途中停止したって、またバックで発進。エンジンの粘りと、駆動性能バッチリだ。トヨタとしても自信満々なんだと思う。

寺田選手によれば「2400ccなんですが最大トルク400Nmもあります。しかも低い回転域から粘るので乗りやすいですね」。新型ハイラックスに搭載されている新世代の2400ccは尿素CRS使った排気ガス処理をしており、厳しい日本のディーゼル規制を余裕でクリアしている。

【関連記事】トヨタが絶版ハイラックスを復活へ! 新型モデルを日本で9月にも発売か

トヨタ ハイラックス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ハイラックス の関連記事

トヨタ ハイラックスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハイラックス の関連記事をもっと見る

トヨタ ハイラックス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24