autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム トヨタが絶版ハイラックスを復活へ! 新型モデルを日本で9月にも発売か

自動車評論家コラム 2017/7/10 17:19

トヨタが絶版ハイラックスを復活へ! 新型モデルを日本で9月にも発売か(1/2)

関連: トヨタ ハイラックス Text: 国沢 光宏 Photo: トヨタ自動車
トヨタが絶版ハイラックスを復活へ! 新型モデルを日本で9月にも発売か

日本では絶版だったハイラックスが再び戻ってくる! 

トヨタ ハイラックス

日本導入が噂されていたトヨタ新型ハイラックスが9月12日に発表されるという情報が入った。そして概要も判明したのでお伝えしよう。

ベースグレードで150馬力/400Nmを発生する2.4リッターディーゼル搭載で、325万円と魅力的。自動ブレーキやLSD、アルミホイール付きの上級グレードでも380万円。LクラスSUVよりリーズナブルである。

まず概要から。日本では絶版になってしまっていたハイラックスながら、アジアや大洋州、ヨーロッパなどでずっと販売されていた。今回、日本に入ってくる新型ハイラックスはタイ工場で生産され、世界各国に輸出されているモデル。写真の通り『Wキャブ』と呼ばれる4ドアボディになる。

写真だとボディサイズのイメージが出来ないと思うけれど、けっこう大きい。全長5335mm×全幅1855mm×全高1820mm。といって幅はMクラスのSUVと大差なし。長い駐車場なら対応出来るだろう。このクラスのトラック、タイに行った時にいつも乗っているが、案外何とかなってしまう。

>>トヨタ 新型ハイラックスを写真でチェック(画像26枚)

優れたけん引能力でアウトドアの最高の相棒に

トヨタ ハイラックス

素晴らしいのがけん引性能! 現地仕様のスペック見ると3500kg! 水上バイクやバスボート、小型のモーターホームなど免許不要の750kgなんて余裕!

けん引免許を持っていれば、自動車を搭載したトレーラーだって引っ張れる。アウトドアスポーツ好きなら最高の相棒になるだろう。

駆動方式は後輪駆動ベースのパートタイム4WDである。必要な時に4WDをセレクトするというもの。このタイプのクルマだとフルタイム4WDより、イザというときに前後ガッチリ駆動力掛かるパートタイムが似合う。6速ATと組み合わされる。売れ行き好調ならマニュアルも入れて欲しい。

トヨタ ハイラックス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ハイラックス の関連記事

トヨタ ハイラックスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハイラックス の関連記事をもっと見る

トヨタ ハイラックス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22