autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗

デザイナーズルーム 2014/8/22 17:24

【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗(1/8)

関連: スバル レヴォーグ Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部・SUBARU
【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗

大きく変化を遂げたスバルデザインの”想い”を紐解く

【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗

スバルのデザインが変わってきた。そう感じたのは、この企画でも取り上げた現行「インプレッサ」あたりからだった。「レガシィ」との上下関係を飛び越えることを覚悟でクオリティアップに取り組み、10年経っても色褪せないフォルムを目指すべくAピラーの付け根を200㎜も前に出すなど、大胆な改革を敢行したそのカタチに、これからのスバルデザインの源流を感じたものだ。

今年デビューしたレヴォーグにも、このインプレッサが築き、「XV」や「フォレスター」に受け継がれた新しいデザイン言語が使われていると、ひと目で理解できる。しかしレヴォーグは、富士重工業が自社開発した自動車では、「エクシーガ」以来の国内専用車でもある。当然ながら、インプレッサやレガシィとはデザインに取り組む姿勢が異なっていたはず。そのあたりをチーフデザイナーの源田哲朗氏に伺った。

日本人のための「デザイン」をとことん極める

【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗

オートックワン(以下AO):レヴォーグは国内専用車として開発されたわけですが、デザインを進めるうえでグローバルモデルとの違いはありましたか。

富士重工業株式会社 スバル商品企画本部 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗さん(以下G):進め方は変わっていませんが、違いはありました。グローバルモデルでは、地域によっては正反対のニーズを一つにまとめていく必要が出てきますが、それが無かったことが一番の違いです。だから日本のお客様に向けて、ど真ん中のデザインができました。

デザイン評価の傾向として、アメリカやヨーロッパのお客様は全体で見てどうか、となるのに対し、日本のお客様は緻密な造り込みや質感の高さに響くんです。そこをとことん追求しました。

AO:逆に変えなかった部分はありましたか。

G:いかにスバルらしく見せるか。この部分は、むしろ最も大切な部分です。スバルらしさとは安心安全と愉しさの両立であり、そこにデザインフィロソフィーの「Dynamic&Solid」を織り込んでしっかりデザインに反映させつつ、時代の流れに合わせて「らしさ」をアップデートさせていくかを考えていきました。

[次ページへ続く]

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23