autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レガシィ ツーリングワゴン 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/5/29 12:00

スバル レガシィ ツーリングワゴン 試乗レポート(3/4)

スバル レガシィ ツーリングワゴン 試乗レポート

気になるのはターボ車とリニアトロニック車の仕上がり度

レガシィ ツーリングワゴン 2.5GT L packageレガシィ ツーリングワゴン 2.5i L package

2.5Lのみとなったエンジンは、GTでは従来のようにMTとATでターボチャージャー容量が異ならず、スペックの差がなくなったところを歓迎したい。

従来よりも盛り上がり感を薄め、直線的とした加速フィールは、大人っぽい雰囲気。それはあくまで感覚的な部分で、実際には新型のほうが速いと感じたが、そのとおり。新旧GTのAT車での0-100km/h加速タイムは、先代が6.9秒、新型が6.5秒という。

2.5LのNAユニットは、レギュラーガソリン仕様のみで、低回転からフラットなトルクを得られる特性。SIドライブも付き、新たにCVTが組み合わされている。同CVTは高効率とコンパクト化のためバリエーターにチェーン式を採用したのが特徴だ。

「リニアトロニック」のネーミングのとおり、ごく普通に走るぶんには、いたってリニアで走りやすい。ギクシャク感などCVTの苦手な部分を消し、加速感を過剰に強調することもしていない。いわば「上品」な印象の味付けとなっている。

むろん、ガンガン攻めると、応答遅れなどCVTの宿命といえる部分も顔を出すが、現実的な走り方では、いろいろなCVT車を体験したことのある人ほど、よさを実感できる仕上がりといえる。

そして、パドルシフト操作に対するレスポンスが非常に素早いことにも感心した。軽いショックとともに瞬時に選択したギアに移行する。その軽いショックは、「操る」という感覚を味わう上では、むしろこのくらいあったほうがいいのではと思えるものだ。

ちなみに、チェーン式はベルト式に比べて音の面では不利。常時薄く聞こえる音が認められるのも事実だが、かなり小さく抑えられているので、気にしなければいいだけの話だろう。

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24