autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 スバル 新型レガシィ 発表会速報

新型車リリース速報 2009/5/20 12:00

スバル 新型レガシィ 発表会速報

スバル 新型レガシィ 発表会速報
新型 レガシィツーリングワゴン新型 レガシィB4新型 レガシィアウトバック新型レガシィと森郁夫社長

スバル(富士重工業株式会社)は20日、5代目となる新型レガシィを発表した。

一昨年のインプレッサ、フォレスター、そして昨年のエクシーガの投入も含め、今回の新型レガシィの投入により、スバルの新たなラインナップがひとまず完成する形になる。

レガシィはスバルの屋台骨であるのはご存知のとおり、多くのファンを有するクルマであるため、注目度は必然的に高い。

ドライバーズファンを徹底的に考慮し開発した上で、今回も最高のレガシィを謳う新型レガシィは、ラインナップにこれまでと同様、B4、ツーリングワゴン、アウトバックの3タイプを揃える。

B4とツーリングワゴンは、これまでの2.0Lと3.0Lエンジンを廃止し、それぞれに2.5LのNAとターボエンジンを用意。

一方アウトバックは、従来からの2.5Lと新たに3.6Lエンジンを用意。その3.6Lエンジンは北米専売のSUV“トライベッカ”と同様のものを採用する。

トランスミッションは、2.5L(NA)に新開発CVT“リニアトロニック”、2.5L(ターボ)には5ATと6MTを搭載し、アウトバック3.6L車には5ATを採用する。

ちなみにリニアトロニックと5AT車には、全車スポーツモードのパドルシフトが搭載される。走りも楽しみたいユーザーにとっては、うれしいポイントとなるだろう。

さらに、フロントシートのハイバックを大きくえぐることにより、従来にはない広い後席空間を実現している点も、 新型レガシィの忘れてはいけないトピックスのひとつだ。

新型レガシィのプロジェクト監修に充ったゼネラルマネージャーの日月丈志(たちもりたけし)氏は、「パッケージから、エンジンマウント、そして新開発のCVT“リニアトロニック”と、大規模な改新を行ったのは、走り、環境性能、移動の楽しさというレガシィならではの美点を、すべて高次元にバランスさせるためのものであり、これは“スバル1000”以来の大きな変革である」とコメントした。

新型レガシィの日本での月販目標台数は3000台。今後、北米、欧州、豪州、ロシア、アジア圏と、グローバルに投入させていく。

CMは5月21日より、まずはツーリングワゴンとB4から。そして6月中旬よりアウトバックのCMを放映する予定だ。

今回もまた新たにあの大物ハリウッド俳優が登場する。

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

スバル レガシィB4 関連ページ

スバル レガシィアウトバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25