autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 2012年にニュル24h「2連覇」を達成したSTI、新車投入で2013年も優勝を狙う! 3ページ目

イベントレポート 2013/2/1 16:57

2012年にニュル24h「2連覇」を達成したSTI、新車投入で2013年も優勝を狙う!(3/3)

関連: スバル インプレッサSTI Text: マリオ 高野 Photo: マリオ高野
2012年にニュル24h「2連覇」を達成したSTI、新車投入で2013年も優勝を狙う!

ホイールはBBSの鍛造マグを採用!

また、BBSの鍛造マグネシウムを採用したことで、大幅なバネ下重量の低減もはかられました。

佐々木選手は「走り出した瞬間からクルマ全体が軽くなったように感じます。動きが軽いせいか、エンジンレスポンスやブレーキの効きまで良く感じますね」と語られました。

僭越ながらこのマリオ高野も、STIのコンプリートカーに乗ると、エンジンやブレーキはノーマルのままなのに、足やボディが変わったためにクルマ全体が別物になったと感じることがありますが、佐々木選手ほどのレーシングドライバーでも、それと同じ効果を感じているのです。

恐るべし、STIマジック!

運転席の視界なども改善!

さらに、運転席まわりの着座環境も細かなリファインが重ねられました。

車内のロールゲージの形状を改善することにより死角が減り、ドアミラーの大型化も相まって、周囲の状況がグッとわかりやすくなったとのこと。トランクリッドには、なんとリアビュー用のバックカメラも設けられました。

200台以上がエントリーするニュル24時間レースは、時としてコース上のマシン密度が高くなることもあり、周囲の状況を把握しやすいとトラブルを回避しやすくなります。

視界の改善も、やはり市販車の開発に直結する部分であるといえますね。

あとは三連覇という結果を残すだけ

佐々木選手は「去年は予選ではそれほどプッシュをしなかったけど、今年は予選も勝ちに行く!」と意気込んでいました。

去年の予選はVWのシロッコがトップだったので、少なくともそれを越えつつ、去年の2分16秒から12~13秒は短縮したいとのこと。 ただし、タイムに関してはコース上の他チームのマシンの走行状況にも影響されてしまうので、なかなか難しいようです。

吉田選手は今年の新マシンを試した後、「明らかにより速く、より乗りやすくなっています。我々の作って来たことは間違いではなかったと、あらためて確信できました。あとは、三連覇という結果を残すだけです」と語られました。

今後の予定は、4月13日に行われるニュルブルクリンク耐久選手権の第3戦4時間レースに出場し、マシンをセットアップ。5月17~18日には練習走行と予選。そして本番のレースは5月19日~20日にかけて行われます。

レースは何が起こるかわかりませんが、マシンの性能とチームのモチベーション的には何の不安もありません。不測の事態に見舞われたとしても、このチームならきっと乗り越えてくれるはず。

皆さんのご武運を祈りつつ、歓喜の瞬間を待とうと思います。

今年もディーラーメカニックが参加!

WRC参戦時代から続く伝統の「ディーラーメカニックの参加」は今年も実施され、今年は藤田章博さん(新潟スバル)、石原恒治さん(埼玉スバル)、伊原由敬さん(千葉スバル)、久保田直輝さん(名古屋スバル)、田村耕作さん(大阪スバル)、小林邦明さん(広島スバル)の6名がニュルの現場で戦います!

世界の舞台で技術を磨いたメカニックさんに点検や修理をしてもらえるというのは、ユーザーにとっても嬉しいもの。中には「ワークスチームのメカニックとしてニュルへ行きたい!」という理由でスバルディーラーのメカニックになる人も居られるようです。

皆さん、どうかよろしくお願いします!

スバル インプレッサSTI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサSTI の関連記事

スバル インプレッサSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25