autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 竹岡圭のモンゴルラリー2009 参戦記 vol.2

自動車評論家コラム 2009/9/1 09:00

竹岡圭のモンゴルラリー2009 参戦記 vol.2(1/3)

関連: スバル フォレスター Text: 竹岡 圭 Photo: 原田淳
竹岡圭のモンゴルラリー2009 参戦記 vol.2

竹岡圭のモンゴルラリー2009 参戦記/4日目

竹岡圭のモンゴルラリー参戦記 4日目
竹岡圭のモンゴルラリー参戦記 4日目竹岡圭のモンゴルラリー参戦記 4日目

この日は遠距離移動の日。まずは2日間お世話になったビバーク地、ソクトオボーから南下し、その後西へ。アルベイヘールまで518.73kmのロングランコースを走ります。

ところが、モンゴルの南の方はゴビ砂漠。2日目の後半でトラブル、昨日は修理といった状態で、果たしてどれくらい走れるのかがわからない・・・。

というのも、本来AWDで設計されているフォレスターがFRになってしまった場合、大きなトルクを掛けてしまうとリアのドライブシャフトが、割りと簡単に折れてしまうことがあるらしいんですよ。時と場合によりますがね。

となると、なるべくトルクを掛けないように高めのギアをチョイスして、ペースを落としての走行を強いられます。

さらに、シフトフィールが渋くなってきたら、ミッションオイルも継ぎ足さなきゃなりません。(ここから先、だいたい約50~200km走行毎に、ミッションオイルを継ぎ足さなければならない状況が、最終日まで続くことになります)。

ショートカットのコースを選択したものの・・・

竹岡圭のモンゴルラリー参戦記 4日目

そんな状況のFRになってしまったマシンで、ゴビ砂漠を越えるのは難しいだろうとの大会本部の判断。しかもまだ中盤の4日目で、残りの距離も長いということで、メカニックのみなさんが移動するときに使う、本来のSSよりもややショートカットのコースを選択することにしました。

このコースを選択するとCPはパスしなきゃならないから、またペナルティがついちゃうけれど、とにかく次の目的地に移動するしかありません。

でも、いくらショートカットとはいえ、これが予想以上に山あり谷あり砂漠あり土漠あり。距離が短いだけで、あんまりSSと変わらないんじゃないの?っていう感じだったので、ゆっくりペースとはいえ今日も走れたな~という感覚を私は味わうことができました。

コ・ドライバー(メインドライバーを助手席でサポートする役目。ナビとも呼ばれる。)の若林さんは、かなり物足りなかったんじゃないかな・・・と思うと心苦しいけれど、仕方ないもんね・・・。

しかし、なんとかこの状態でのクルマの走らせ方もわかってきて、無事4日目のビバークに辿り着くことができました。

竹岡圭のモンゴルラリー参戦記 4日目竹岡圭のモンゴルラリー参戦記 4日目竹岡圭のモンゴルラリー参戦記 4日目竹岡圭のモンゴルラリー参戦記 4日目竹岡圭のモンゴルラリー参戦記 4日目

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19