autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 2011年7月 販売ランキング/松下宏

自動車評論家コラム 2011/8/9 15:47

2011年7月 販売ランキング/松下宏(1/4)

Text: 松下 宏
2011年7月 販売ランキング/松下宏

東日本大震災の影響から脱しきれず

自販連と全軽自協の調べによる2011年7月の新車販売台数は、登録車が241,472台で前年に比べて27.6%の減少、軽自動車が131,580台で14.1%の減少、合計では373,052台で23.3%の減少となった。

徐々に自動車メーカーの生産も軌道に乗ってきたものの、まだまだ大幅な落ち込みが続いている。当然ながら過去10年で見ても、登録車、軽自動車ともに最も台数が少ない。

メーカー別に見ると、登録車はスズキとトラックメーカーの日野自動車が前年を上回っただけで、ほかのメーカーはいずれもマイナス成長に終わった。

また軽自動車はマイナス幅は小さかったものの、全社がマイナス成長に終わっている。本格回復までの道のりは、まだまだ遠いと言わざるを得ない状況だ。

1位~10位:マツダ車が7年振りにトップ10入り

マツダ デミオ

※()内は販売台数

1位:プリウス(24,220)/2位:フィット(20,753)

3位:ワゴンR(15,039)/4位:ヴィッツ(12,963)

5位:ムーヴ(12,830)/6位:タント(12,794)

7位:デミオ(10,464)/8位:セレナ(7,438)

9位:アルト(6,952)/10位:ミラ(6,394)

販売ランキングの首位に立ったのは「トヨタ プリウス」で、2ヶ月連続で首位を確保した。

大量の受注残を抱えるプリウスαの登録が始まったこともあって、台数自体も6月に比べて5,000台近く上乗せしている。しばらくは好調な売れ行きを続けることになりそうだ。

2位の「ホンダ フィット」も2ヶ月連続で2位。こちらもフィットシャトルの台数が上乗せされているため、6月に比べ4,000台以上も台数を増やしている。

プリウスvsフィットの激しい販売合戦は、しばらく続くものと見られる。

 軽自動車で首位の「スズキ ワゴンR」は総合ランキングで3位。15,000台の大台は超えたものの、プリウスやフィットにはかなりの差をつけられた。

4位には「トヨタ ヴィッツ」が入った。ヴィッツは今年の2月に3位へ入ったことがあるが、他の月は5位以下にとどまっていたので、7月はランクを上げてきている。

5位「ダイハツ ムーヴ」、6位「ダイハツ タント」は逆に7月は台数を伸ばしきれなかった印象を受ける。

ガソリン車で30km/L(10・15モード)を達成したSKYACTIVが話題になった「マツダ デミオ」は、1万台を超える登録台数をマークして7位へランクイン。

マツダ車が月に1万台を超える販売を記録したのは2004年3月のデミオ以来、実に7年4ヶ月振りのことだ。

デミオがいかに良く売れているか、また販売会社もいかに力が入っているかが分かる。

8位の「日産 セレナ」は、ミニバントップの売れ行きで先月に続き順調。

9位~10位の「スズキ アルト」と「ダイハツ ミラ」は概ねこのあたりの順位。これまた順調な売れ行きといって良いだろう。

7月もまた、ベスト10のうち半分が軽自動車となった。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!