autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート ブリヂストン ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」レポート

イベントレポート 2011/6/26 00:00

ブリヂストン ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」レポート(1/4)

Text: 竹岡 圭 Photo: 株式会社ブリヂストン
ブリヂストン ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」レポート

新製品ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」を比較テスト!

ランフラットタイヤとは、言わずと知れた「パンクしても走れるタイヤ」のこと。

釘が刺さったり、縁石に近寄りすぎて擦ったり、尖った石などに当たったりしてタイヤが切れて空気圧がゼロになっても、時速80キロで距離80キロも走ることができるのだ。

これまで「パンクしても走れるタイヤ」としては、中子と呼ばれる柱をタイヤ内に入れてつぶれないようにした「サポートリング」方式、穴が瞬時にふさがるシーリング剤を塗布した「シーラント」方式、サイド部のゴムを補強した「セルフサポート」方式と、さまざまな方法を取り入れたタイヤが作られてきた。

そして、現在主流となっているのはシーラント方式とセルフサポート方式の2種類。

サポートリング方式は、特にハイトの高いタイヤで組み付けるのが難しいからという理由で、最近は少なくなってきている。

また、シーラント方式はトレッド面しかフォローできないというデメリットがあるため、パンクしても走れるタイヤと言えば、トレッド面とサイド部の両方の損傷に有効なセルフサポート方式へと徐々に集約されてきている。

とはいえ、セルフサポート方式にもデメリットはある。

最大のデメリットとされてきたのは、「乗り心地の悪さ」だ。サイドのゴムを、つぶれにくくするために補強しているが故に、どうしても乗り心地が硬くなってしまう。

そこで、今回その乗り心地の悪さを解消することを最大の目的として開発されたのが、ブリヂストンの新製品「POTENZA S001 RFT」というランフラットタイヤなのだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!