autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年下半期ベスト・バイ・カー/日下部保雄

ベストバイカー 2009/12/18 10:00

2009年下半期ベスト・バイ・カー/日下部保雄(1/2)

2009年下半期ベスト・バイ・カー/日下部保雄

【国産車編】トータルベストカー/日産 フーガ

日産 フーガ

意外といっては失礼だが、フーガ 250GTは予想を上回る出来の良さだった。2009年下半期に発売された日本車はどれもいいクルマだが、これといってパンチ不足なのが残念だった。

その中で、スカイラインクロスオーバーとキザシは試乗をしていないために外し、消去法で選んだのがフーガだった。しかし、フーガの250GTはパワーもあり、何よりもハンドルの手ごたえがあってロングドライブに適している。

新技術も満載の為、まだ消化しきれていない所もあるが、走行中もリラックスしてハンドルを握れるのは好ましい。

【国産車編】ベストハンドリングカー/スバル インプレッサ WRX スペックC

インプレッサ WRX STI specC

何しろコンペティションで速く走ることを目標に作られた究極のインプレッサだけに、ラリーやレーシングフィールドでそのパフォーマンスを解放すると、本当に面白い。

軽量化されたボディとセンターデフを作動制限するコントロールシステムを使い、路面に応じた駆動力配分を行うとラップタイムが変わるというマニアックなクルマだ。

快適性は二の次というクルマだから、スペックの高さだけを見て購入すると後悔することになるだろう。

【国産車編】ベストデザインカー/フェアレディZ ロードスター

日産 フェアレディZロードスター

フェアレディZ ロードスターは、トップを上げても降ろしてもサマになっている。クーペの固まり感とは違って、ロードスターの華やかさを上手く表現できている。

最近流行しているメタルルーフではなく、ソフトトップにこだわったのも贅沢で好ましい。

運動性能の高さはクーペで実証済み。ロードスターはボディ剛性の点では不利だが、6速MTで操作を楽しむことも7速ATでユッタリと流すことも優雅でワクワクする。人生に一度はオープンカーを、それもカッコいいロードスターを!

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!