autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マクラーレンMP4-12 スパイダー試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2013/5/6 00:00

マクラーレンMP4-12 スパイダー試乗レポート/石川真禧照(2/2)

Text: 石川 真禧照 Photo: 茂呂幸正
マクラーレンMP4-12 スパイダー試乗レポート/石川真禧照

簡単にオン・ザ・レールでカーブを走り抜けることが出来る!!

さて、オープンカーの醍醐味を味わうため、車速を落し電動ルーフを開け、オープンにしてみる。

30km/h以下なら走行中にスイッチオンでルーフが動きだす。ルーフの開閉時間は約13秒。オープン状態ではエンジン音はそううるさくはない。もっとサウンドを楽しみたいならリアウインドを開ければいいだろう。

ダイレクトに室内にエンジン音が侵入してくる。ハンドリングもパワートレインと同じようにノーマル/スポーツ/トラックの3モードがある。どのモードでも操舵力はかなり重い。

カーブではハンドルを切りはじめたときから重く、それをキープしたままなので、しっかりとハンドルを抑えることを要求される。

しかし、プロアクティブ・シャーシ・コントロールやブレーキ・ステア・システムがグリップ力を高め、リアウイングが角度を変えてダウンフォースを高め、さらにコーナリング中のブレーク性能とスタビリティを向上させるエア・ブレーキなどがそれぞれに仕事をする結果、本当にオン・ザ・レールで、カーブを走り抜けることが出来る。

足まわりには、フロント235/35ZR19、リア305/30ZR20というタイヤの組み合わせで、乗り心地は硬い印象。路面からのザラつきや細かい上下動は、クッションの薄いシートを通して、お尻にダイレクトに伝わる。

このようなスーパースポーツカーだが、意外だったのは実用性が考えられていること。フロントのラゲッジスペースは左右730mm、奥行き580mm、深さ330~480mmのスペースがある。リアは座席とエンジンの間に小さなバッグが入るスペースもある。

何日間かお借りして乗ってみた率直な感想は、しっかりと日常の足としても使える実用性とロングドライブでも疲れない快適性も備えているスーパーカーだということ。

このようなスーパースポーツカーを買うオーナーは、このクルマ1台しか保有していないということはないだろうが、気が付くとチョイ乗りにも使ってしまいそうなくらい気軽に乗れるのが、マクラーレン MP4-12Cスパイダーだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!