autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム “100年も前”からハイブリッド技術を考えていたポルシェの「e-mobility」を読み解く 2ページ目

自動車評論家コラム 2015/11/4 14:02

“100年も前”からハイブリッド技術を考えていたポルシェの「e-mobility」を読み解く(2/2)

関連: ポルシェ カイエン Text: 清水 和夫 Photo: ポルシェ ジャパン
“100年も前”からハイブリッド技術を考えていたポルシェの「e-mobility」を読み解く

フラッグシップの918スパイダーやパナメーラ、カイエンにもPHEVを設定

ポルシェ パナメーラS Eハイブリッド

昨今はF1やル・マンなどのモータースポーツでもハイブリッドを使うのが当たり前になってきた。ハイブリッドにはエコカーのイメージが強いが、スピードにおいても重要な役割を演じている。

ブレーキで放出していた膨大な運動エネルギーを電気で回収し、加速時に再び利用するほか、ターボエンジンの高温ガスを利用して排熱回収で蓄電できるのもハイブリッドの特徴だ。ハイブリッドは走りの効率を極限まで高めることが出来るのである。

また、市販車ではハイブリッドに多めのバッテリーを搭載し、電気だけで走れる領域を増やすことが可能なプラグインハイブリッド(PHEV)が増えている。ポルシェのPHEVは「ポルシェe-mobility」コンセプトという大きな概念の元で開発され、「ポルシェ E-ハイブリッド」と命名されている。

フラッグシップであるスーパーカーの918スパイダーやパナメーラ、カイエンは最新のPHEVだ。パナメーラやカイエンのPHEVのキャリパーは綺麗なライム・グリーン(アシッドクリーン)に塗られている。従来式の摩擦ブレーキではなく、回生ブレーキが備わっているということのアピールだろう。

実に良く出来ている、ポルシェのPHEV

ポルシェ パナメーラS Eハイブリッド

ポルシェのPHEVに乗ってみると、実によく出来ている。EVモード、ハイブリッドモード、チャージモードが用意されており、街中ではEVモードで静粛かつトルクフルに走行でき、約50kmもエンジン無しで走れる。うまく加速すると、100km/hまでEVで走行できる。

郊外に出たらハイブリッドモードが便利だ。再び街中に戻るときはチャージモードに切り替え、バッテリーに電気を貯めて走ることも可能だ。

もしも家庭に太陽光発電があるなら、再生可能エネルギーでドライブが出来てしまう。家庭用の水素燃料電池で発電すれば、電気と水素のコンパティブルな関係も実感できるだろう。

未来を担う子供たちにとっては、こうした日常の体験が環境問題の実践的な勉強になるに違いない。

[Text:清水和夫]

筆者: 清水 和夫

ポルシェ カイエン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ カイエン の関連記事

ポルシェ カイエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ カイエン の関連記事をもっと見る

ポルシェ カイエン の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円