autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 508 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2011/3/7 15:56

プジョー 508 海外試乗レポート(2/3)

関連: プジョー Text: 河村 康彦 Photo: プジョー・シトロエン・ジャポン
プジョー 508 海外試乗レポート

質感は「文句ナシ」、ネックはボディサイズか

プジョー 新型508

スペイン東海岸で開催された新型508シリーズの国際試乗会では、日本へ導入予定である1.6リッターターボ付きガソリンエンジンを搭載した仕様を、主にサルーンボディでテストドライブした。

ただし、そのトランスミッションは6速MT。日本仕様として採用予定のアイシン製6速AT搭載車は、ヨーロッパでは“レア”な仕様という事もあってか、残念ながら用意されていなかった。

ヨーロッパの中にあって、相対的に“小さなクルマ”が好まれるのがスペインのマーケット。それゆえ、こうした街の風景の中で見る新型508は、やはり「相当に大きなクルマ」というのが第一印象だ。

ホイールベースが伸びた分、タイヤ軌跡での回転半径は大きくなるものの、フロントのオーバーハングを短縮したので“壁から壁まで”の小回り性は407と遜色ない、というのがエンジニア氏の弁。

プジョー 新型508プジョー 新型508

とはいえ、それでも日本市場では「その大きさゆえ、ためらう人も少なく無さそう」と思えてしまうのが新型508のサイズ感だ。

個人的な好みも含んで率直に言えば「もうちょっと小さいと嬉しい」のだが・・・。

ただし、その見た目の質感はエクステリアでもインテリアでももはや「文句ナシ」。それは、例えば“プレミアム”を謳う各ブランドの作品と直接比較しても、決して見劣りはしない。

装備面で、カラー表示を行うヘッドアップディスプレイや4ゾーン対応のエアコン、電動式のパーキングブレーキを設定するなど、やはり同様のフレーズで紹介出来る充実ぶり。

なるほど、このあたりは「607の後継」として、企業トップのショーファー・ドリブンとしての使われ方なども意識された結果かも知れない。

プジョー 新型508プジョー 新型508プジョー 新型508プジョー 新型508プジョー 新型508
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー の関連記事

プジョーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー の関連記事をもっと見る

プジョー の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円

  • プジョー

    新車価格

    357万円429万円