autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 2008 海外試乗レポート/藤島知子 3ページ目

試乗レポート 2013/6/4 13:18

プジョー 2008 海外試乗レポート/藤島知子(3/3)

プジョー 2008 海外試乗レポート/藤島知子

FFでも高い制御でトラクションを確保する『グリップコントロール』

プジョー 2008

そして、いよいよ日本に導入予定の3気筒1.2リッター自然吸気で82馬力のガソリンエンジンに試乗してみることに。日本にはAT免許でドライブできる2ペダルのシングルクラッチの仕様が導入されるようだが、今回試乗できたのは5MTで195/60R16のサマータイヤを装着したモデルだった。

2008はMT車のみに3008の欧州仕様にも設定されていた雪や砂地、泥といった滑りやすい路面でFFながら高度なトラクションコントロールの制御でトラクションを確保する『グリップコントロール』を設定しているが、FFならではのシンプルな構造を採用することで、ボディの重量をわずか1045kg程度に抑えることに成功している。

プジョー 2008プジョー 2008

そうしたメリットはオンロードのドライブにも生きていて、出足の加速は想像以上に軽快だ。街乗りから高速までの幅広いシーンで十分なパワーを発揮するので、わずか1.2リッターという小排気量であっても、デメリットは感じにくかった。

ただ、今回試乗したMT車はトラクションが得づらい2千回転以下で滑らかに走らせるためには、丁寧なペダルワークが要求される一面もみられた。

洗練を求めるのであれば、ゆとりがある1.6リッターがベターだと感じたのも事実だが、最近のモデルはドライバーのスキルを問わず、誰もがスムーズに扱える優等生なモデルが多い。クルマと呼吸を合わせながら走らせるという意味では、上手く走れた時に充実感も得られることがむしろ新鮮に映った。

プジョー 2008プジョー 2008プジョー 2008プジョー 2008プジョー 2008

ダウンサイズ層のニーズを含め、幅広いユーザーの心を掴みそう

プジョー 2008

プジョーでは今後、SUVやCUVがBセグメントにおいて2番目に支持を得るボディタイプになると見込んでいる。

ヨーロッパの都市部では限られた駐車スペース、特に都市部では縦列駐車をせざるを得ない、狭い路地をすり抜けるシチュエーションに出くわすが、コンパクトカーが主流の実情は日本の道路事情に近い。

そんな環境下で生まれた2008は、コンパクトなモデルでありながら、高級サルーンさながらの質感を実現したデザイン、限られた空間を広く使うスペースユーティリティに、プジョーならではの操縦安定性の高いドライブフィールに、低燃費を両立させた新しいモデル。

扱いやすくお洒落なモデルを求めるユーザーから、クルマ選びにコダワリをもつ層まで、そのボーダレスな魅力がダウンサイズ層のニーズを含め、幅広いユーザーの心を掴みそうだ。ひとクラス上のCセグメントではすでに激戦が始まっているが、私たちにとって身近な小型車市場においても、2008の登場をキッカケに盛り上がりを見せていくのが楽しみだ。

筆者: 藤島 知子

プジョー 208 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 208 の関連記事

プジョー 208の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 208 の関連記事をもっと見る

プジョー 208 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円