autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型セレナハイブリッド(S-HYBRID)試乗レポート/小沢コージ 3ページ目

試乗レポート 2012/8/24 19:44

日産 新型セレナハイブリッド(S-HYBRID)試乗レポート/小沢コージ(3/3)

関連: 日産 セレナ Text: 小沢 コージ Photo: 柳田由人
日産 新型セレナハイブリッド(S-HYBRID)試乗レポート/小沢コージ

ユーザーの姿勢をよく見ているチェンジ

新型セレナハイブリッド(S-HYBRID)フロントフェイスアップ
新型セレナハイブリッド(S-HYBRID)ヘッドライトアップ新型セレナハイブリッド(S-HYBRID)リアイメージ&テールランプ

というわけで純粋にクルマをハードとして見た場合はさほど変わってない新型 日産 セレナ。しかしそれはそれで凄い戦略であり、特にライバル、ホンダ ステップワゴンと比べると狙いの正しさが分かる。

今回燃費はJC08モードでみてクラス最良の15.2km/Lとなったわけだが、ステップワゴンが15.0km/Lだから、その差たったの0.2km/L。ぶっちゃけ実質的には無視できる範囲だ。だが税制的にはエコカー減税率が75%から100%になり、その差、約3万5000円だから相当デカい。価格上昇分の8400円を補ってあまりある。

見た目も新たにHYBRIDエンブレムだけでなく、ヘッドライトには薄いブルーのインナーレンズが入ったり、リアコンビランプがクリアタイプになっていたり、薄いブルーのメタリック塗装が選べたりと総じて効果的。

実際、今のクルマ販売現場はぶっちゃけハードをあまり見比べないのが実情。「なんか安いのない?」「燃費いいのない?」って尋ねてくる客は多く、そう考えると新型セレナは、そこを見事にピンポイントに付いてくる。

新型セレナハイブリッド(S-HYBRID)セカンドシート新型セレナハイブリッド(S-HYBRID)ライダー パフォーマンススペック ブラックライン 走行イメージ1

我々クルマ好きはつい「内装が良くなった」「走りが良くなった」を重視しがちだが、一般ユーザー、特にミニバンユーザーは「安さ」と「エコ」。他は極端な話、ある程度あれば変わらなくてもいい。そうでなくともミニバンを本格ハイブリッド化すると室内が狭くなるのがオチ。

某社の本格HYBRIDミニバンがいい例だ。となると逆に、基本の広さがガソリン車と全く変わらない今回のS-HYBRIDの方が「正義」だと言えなくもない。

要するに、我ながら「走ると前とあまり変わってない」って文句は、クルマボケしたマニアのたわごとと言えなくもないのだ。最大の問題は燃費、そしてイメージ!それが現実!! そうでなくとも新型セレナは、2列目シートにすべて3点式シートベルトを採用するなど、安全性も向上させている。

ついでにさらに見た目や走りがハードな「ライダー」仕様にも、今回HYBRID車を用意し、免税を獲得。結果、新型セレナの受注数の9割以上がHYBRIDだという。もはや“S-HYBRID専用車”と言っても差し支えないレベルなのだ。

変えるべき所を効果的に変えて、余計なことはしない。ホント、最近の日産さんって良くわかってますよねぇ。

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25