autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 いよいよ発売開始の日産 新型セレナ !話題の自動運転技術「プロパイロット」から売れ筋グレードまで徹底解説! 4ページ目

新型車解説 2016/8/24 10:16

いよいよ発売開始の日産 新型セレナ !話題の自動運転技術「プロパイロット」から売れ筋グレードまで徹底解説!(4/4)

関連: 日産 セレナ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
いよいよ発売開始の日産 新型セレナ !話題の自動運転技術「プロパイロット」から売れ筋グレードまで徹底解説!

幅広い速度域で運転支援を行えるのがプロパイロットの特徴

日産 新型セレナ ハイウェイスター日産 新型セレナ ハイウェイスター

そして装備で最も注目されるのが、運転支援機能のプロパイロットだろう。時速30~100kmの範囲で速度を設定すると、先行車がいない時はアクセルとブレーキを自動制御しながら設定速度を維持して走る。時速50km以上であれば、路上の白線を検知して、車線の中央を走れるようにハンドル操作の支援も行う。あくまでも運転支援だから、ハンドルを保持していることが条件だ。

そして先行車がいる時は、停車状態までアクセル/ブレーキ/ハンドルの支援を続ける。プロパイロットはセーフティパックBというセットオプションに含まれ、電動パーキングブレーキも併せて装着されるから、プロパイロットを作動させながら長時間にわたり停車することが可能だ。

ちなみにスバル「レヴォーグ」、ホンダの「ステップワゴン」や「オデッセイ」も同様の機能を採用するが、ハンドルの操舵支援は時速60~65km以上だから低速域では作動しない。幅広い速度域でアクセル/ブレーキ/ハンドルの支援を行えるのがプロパイロットの特徴になる。

プロパイロットが使うセンサーは単眼カメラだ。以前から緊急自動ブレーキを作動させるエマージェンシーブレーキ用に装着され、画像処理のソフトウェアを高度化することにより、価格をあまり高めずにプロパイロットを可能にした。

プロパイロットもドライバーの疲労を軽減させる上で効果的だが、それ以上に優先すべきは安全性だ。そこで新型の緊急自動ブレーキが先代型に比べて進化したのかを開発者に尋ねると「先代型と同様」という返答であった。つまり緊急自動ブレーキの作動上限は時速80kmで、高速道路での使用を考えると不満が伴う。緊急自動ブレーキの性能も高めて欲しい。

売れ筋グレードはいかに?

日産 新型セレナ ハイウェイスター日産 新型セレナ

次はグレードの選び方を考えたい。

まずは標準ボディで2WDの場合、X(248万9400円)にLEDヘッドランプや3列目シートのスライド機能をオプションで加えても良いが、Xは装備と価格のバランスを考えると割安とはいい難い。

そこでこれらを標準装着したG(284万7960円)を選び、プロパイロットを含んだセーフティパックBを装着するのが良いだろう。

エアロパーツを備えたハイウェイスターのベストな選択は、2017年3月まで生産される特別仕様車のプロパイロットエディション(291万6000円)だ。サイド&カーテンエアバッグ、ハンズフリーオートスライドドアなど高機能で必要性の高い装備を加え、15インチアルミホイールを16インチ化して価格は割安に抑えた。

オーテックジャパン 新型セレナ ライダー日産 新型セレナ ライフケアビークル

一方、運転支援のプロパイロット、マイルドハイブリッドやアイドリングストップなどが不要な場合は、標準ボディのS(243万5400円)を推奨する。マイルドハイブリッドのXに比べて5万4000円安く、しかもXではオプションになるインテリジェントキーや左側スライドドアの電動機能なども装着した。合計15万円前後は安く抑えられるので、この仕様も選ぶ価値が高い。

セレナではプラットフォームが先代型から流用され、床を下げていない。動力性能や燃費数値もさほど変わらず、注目点はプロパイロット、デュアルバックドア、ハンズフリーオートスライドドアといった付加価値になる。車両の基本設計も進化させて欲しかったが、ミニバンにとって、これらの付加価値が重要なことも確かだろう。いかにもミニバン的なフルモデルチェンジであった。

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27