autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 日産 新型ノートはガソリンで走るEV?燃費はアクア超え実現の新ハイブリッドe-POWER

自動車評論家コラム 2016/10/26 21:03

日産 新型ノートはガソリンで走るEV?燃費はアクア超え実現の新ハイブリッドe-POWER(1/2)

関連: 日産 ノート Text: 山本 シンヤ Photo: 山本シンヤ
日産 新型ノートはガソリンで走るEV?燃費はアクア超え実現の新ハイブリッドe-POWER

燃費は37.2km/L「このセグメントの中では最も良い」とゴーンCEO

日産 新型ノート ePOWER ラインオフ式 追浜工場日産 新型ノート ePOWER ラインオフ式 追浜工場

「ラインオフ」とは量産工場でコンベアーラインから降りる…つまり、クルマなどの工業製品が商品として完成する事を意味している。そのモデルが最初にラインオフする瞬間を祝うのが「ラインオフ式」だ。

10月24日、神奈川県横須賀市にある「日産自動車追浜工場」にて、新たに追加される日産ノートe-POWERのラインオフ式が開催された。

このラインオフ式にはC・ゴーン社長兼会長も出席し、1000人以上の従業員の前で「ここ追浜で6年目に量産始めた日産リーフは、世界で最も売れているEVとなっています。ここ追浜で多大な成果に繋がる新しい一歩を踏み出すのが『ノートe-POWER』です。軽快な走りと燃費を両立した革新的な技術を搭載することで、国内生産/販売に寄与するでしょう」と“日本語”でスピーチも行った。

今回、新型ノートe-POWERのエクステリアのみ撮影が許可されたが、フロントマスクは新しい顔となるVモーショングリルに変更され、前後バンパーの変更などにより腰高感の強かった現行モデルよりも安定感がプラス。GT-R2017モデルやパリショーで世界初公開されたマイクラ(日本名:マーチ)と同じオレンジ色も相まって、よりプレミアムな方向にシフトした印象だ。もちろん、左右およびリアに「e-POWER」のバッジがキラリと。

>>新型ノートe-POWERと現行ノートを写真で比較(画像47枚)

EVの力強さ/加速感を航続距離の心配なく味わえる

日産 新型ノート ePOWER ラインオフ式 追浜工場

インテリアは新型セレナで採用のDシェイプのステアリングやリーフと同じデザインのシフト周りなどを確認。恐らくメーター周りなどもエネルギーフロー画面など、専用のデザインが採用されている…はず。

とは言え、注目は目に見えない部分である新パワートレイン「e-POWER」だろう。エンジンで発電した電気を用いてモーターの駆動を行うことで、EVの力強さ/加速感を航続距離の心配なく味わえる一台である。つまり、リーフで培った電動化技術を応用したユニットだ。

ただ、一部メディアでレンジエクステンダーEVと報じている所もあるがシリーズ式ハイブリッドが正しい。エンジンはレンジ(距離)をエクステンド(延長)するのではなく、駆動に使うエネルギーをリアルタイムに必要な分を発電するという考え方なのだ。そのため、エンジンはガソリン車と同じ1.2リッターを搭載しているはずだ。

ちなみにオフライン式の後に行われたカルロス・ゴーン社長兼会長の囲み取材では、メディアからの質問に対して「燃費は37.2km/Lでこのセグメントの中では最も燃費がよい」と語っている。

>>新型ノートe-POWERと現行ノートを写真で比較(画像47枚)

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ノート の関連記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連記事をもっと見る

日産 ノート の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22