autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 電気自動車(EV)関連ビジネスの明暗クッキリ!話題の「MIT電池」は新時代を築けるか 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/8/23 13:35

電気自動車(EV)関連ビジネスの明暗クッキリ!話題の「MIT電池」は新時代を築けるか(2/2)

電気自動車(EV)関連ビジネスの明暗クッキリ!話題の「MIT電池」は新時代を築けるか

現在の電池より圧倒的に軽く作れるMIT電池

急速充電器で充電する日産リーフ

新しい技術はリチウムを金属という形態で使う。したがって「リチウム・イオン電池」じゃなく「リチウム金属電池」です。現在の電池より圧倒的に軽く作れるそうな。

ちなみに日産リーフの最新型30kWhリチウム電池は、1kgあたりの容量おおよそ180wh。第2世代と呼ばれている2~3年後に実用化されるリチウム電池は250wh/kgを実現していると言われており、こいつを使えば現在のリーフと同じ重量の電池で3割増しの搭載が可能。実用航続距離にして300kmも見えてくる。

今の開発スケジュールのままでも、2年後に航続距離300kmの電気自動車が出てくるということである。

ホンモノの「電気自動車の時代」へ

日産リーフと筆者の国沢氏

しかし!「MIT電池」、そんなレベルではない!下を見て今の2.5倍を実現出来るのだという。

この電池が実用化されると、リーフと同じ電池重量を積めば実用航続距離450km。電池重量を半分以下にしたって現在の30kWhタイプと同じ航続距離をキープ出来てしまう。もはや電気自動車のイメージが変わる。

量産した場合、電池の価格=原材料の価格に近づくため、電池価格だって大幅に下がっていく。するとホンモノの「電気自動車の時代」になるだろう。

新しい世代の電池までどうやって繋ぐかが一番の課題になってきた。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19