autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム DESIGNER's ROOM 日産自動車 青木護プロダクトチーフデザイナー 2ページ目

デザイナーズルーム 2010/3/30 18:00

DESIGNER's ROOM 日産自動車 青木護プロダクトチーフデザイナー(2/3)

関連: 日産 フーガ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
DESIGNER's ROOM 日産自動車 青木護プロダクトチーフデザイナー

プレミアムカーのデザインに最も必要なものとは

それには明確な理由があった。

セドリックとグロリアからの代替えユーザーの使い途を考えると、急激に大きく変えることはできない。

特に、ボディ全幅を1,800ミリ以下に抑えるなどして、国内での道路や駐車場事情などに配慮しなければならなかった。

しかし、ボディ全幅の寸法を限定してしまうと、室内空間を確保するためにボディ全高を高くせざるを得なくなってしまう。

それが“ファンクショナルに見え過ぎ、エモーショナル度合いが足りない”という批判につながっていた。

セドリック・グロリアの“くびき”から脱し、グローバルマーケットからの要求に応えるという二つの必然があって、フーガは大きく姿を変えたのだった。世界で勝負するプレミアムカーのデザインに、最も必要なものは何だろうか。青木さんは、キッパリと答えた。

青木:「エレガンスと空力特性の優秀性です」

空力特性は動力性能や静粛性に大きな影響を及ぼし、燃費も左右する。その重要性は誰もが認めるところだが、エレガンスとなると一筋縄ではいかない。見る者によって、またはカルチャーによって異なってくるからだ。

青木:「エレガンスを具体的なかたちに表わして、その価値を感じ取ってもらわなければなりません」

(左)金子浩久氏/(右) 青木護氏

では、仮にエレガンスが実現できたとして、問題は、誰にそれを感じ取ってもらうかということだ。具体的なユーザー像である。

青木:「ある程度の余裕を持ち、オンタイムでもオフタイムでも自己実現を図れている人。クルマについても、好みと目的が明確な人です」

仕事や社会的な役割だけにクルマを使うのならば、セドリック・グロリア時代と変わらない。だが、それに加えて、自分と家族を大切にして、積極的にクルマを使いこなす人というイメージは新しいものだろう。

青木:「躍動感とセクシーさ、です」

フーガを写した何十枚の写真を次々と繰りながら、青木さんは説明してくれる。黒いシャツに黒いジャケット姿が、まさにエレガント。

青木:「インテリアについても同じことが言えます。快適で、操作性に優れることに加えて“華やかでいいね”と言ってもらえるように、いろいろなことをやっています」

日産 フーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フーガ の関連記事

日産 フーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フーガ の関連記事をもっと見る

日産 フーガ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24