日産の高級車ブランド“インフィニティ”日本導入の日はやってくるのか

画像ギャラリーはこちら
日産は2020年9月25日、同社の高級車ブランド「インフィニティ」のコンセプトカー「QX60 Monograph(モノグラフ)」を横浜で発表した。ファンの間からは「日本で売らないの?」の声もあがるなど好評だ。果たしてインフィニティブランドの日本導入は実現されるのか。改めて検証してみよう。

なぜ日本に導入しない!? 日本にないインフィニティ車を写真でサクッとチェックしてみる

目次[開く][閉じる]
  1. バブル華やかな1989年に北米からスタートしたインフィニティ
  2. これぞ“ジャパンオリジナル”! 再び日本の美的感覚を追及するインフィニティ
  3. スカイラインが生き残っているのもインフィニティのおかげ!?

バブル華やかな1989年に北米からスタートしたインフィニティ

「インフィニティ」は、1989年にアメリカで始まった日産の高級車ブランドだ。最初のモデルは高級セダン「Q45」とクーペ「M30」。その後アジア、中南米、欧州、中東、アフリカなどおよそ40か国で販売展開されている。ただし欧州は2020年春に撤退した。

2020年4月、それまで香港に置かれていた本社を横浜の日産グローバル本社内に移し、日本の開発部門との連携を強化。現在は主に北米と中国の市場をメインのターゲットにし、電動化モデルの導入を急ぐと共に、モデルラインナップを再構築を図っている最中だ。

「インフィニティ」の日本導入はある? ない!?

度々噂に上るのは、インフィニティチャンネルの日本導入だ。日産広報部によると、実際に日産社内でも過去に検討されたことがあったそうだが「残念ながら現在のところ導入の計画はありません」との回答をもらった。

ライバルのレクサスについては2005年より日本でも展開されており、ドイツ車などの強豪プレミアム輸入車を相手に根強い支持を集めている状況だ。

いっぽうインフィニティでは、日本に導入していないオリジナルの専用車種も増えた。特に、国内でも需要が急増しているSUVのラインナップが充実している。こうしたモデルをスポットで導入するのはいかがだろうか。

今回次世代モデルが発表されたSUV「Q60」も、特に日本への導入を期待したいモデルのひとつだ。

「インフィニティQX60 モノグラフ」を日本で発表

2020年9月25日、インフィニティは「QX60 Monograph(モノグラフ)」を横浜で発表した。2021年にフルモデルチェンジ予定の次期QX60を予告するコンセプトモデルである。

現行型のQX60は3列シートレイアウトのSUVで、現在インフィニティのトップセラーモデルだ。残念ながら日本には導入されていない。日産広報部でも「新型も日本に入れる予定はない」とのつれない答えが返ってきた。

ここ日本でも、ミニバン以外の選択肢として3列シートSUV「マツダ CX-8」や「メルセデス・ベンツ GLB」などが人気を集めているだけに、SNSなどでは早くも次期QX60の国内導入を待望する声も聞こえてくるのだが…。

これぞ“ジャパンオリジナル”! 再び日本の美的感覚を追及するインフィニティ

日本の美的感覚を取り入れたというQX60 モノグラフのデザインは、次期「QX60」の予告編であると同時に、次世代のインフィニティ車のデザイン言語も示唆しているという。これは「インフィニティは日本発の高級車である」ことを改めて訴求していくという宣言に他ならない。

そして“ジャパンオリジナル”と聞くと、古い日産ファンならあのクルマを思い出すことだろう。

インフィニティQ45は日本でも導入され話題に

インフィニティ初モデルのQ45は「日産 インフィニティQ45」として日本にも導入されていた。レクサスのように独立したブランドではなかったが、日産車として販売していたのだ。

このQ45も“ジャパンオリジナル”を標榜し、日本発の高級車ブランドであることをアピールしたことでも話題を呼んだ。フロントエンブレムには七宝焼きを採用し、インパネは定番のウッドではなく、蒔絵の手法を取り入れたパネルとするなど、非常に個性的なモデルだった。

折しもバブル景気真っ只中の時代。同じく1989年に発表されたトヨタの高級車「レクサス LS」(日本名:トヨタ セルシオ)と比較されることも多かったが、Q45は強過ぎる個性があだとなり、販売面では苦戦。緒戦はレクサスの圧倒的な勝利となった。

インフィニティ Q45はその後フルモデルチェンジされ、2代目、3代目のシーマが充てられている。

スカイラインが生き残っているのもインフィニティのおかげ!?

名車「スカイライン」ブランドが生き残ったのもインフィニティの功績大

日本で売られていたインフィニティ車はほかにも複数あるが、中でも2002年登場の「G35」は、インフィニティにとっても重要なモデルとなった。日本名「スカイライン」(V35型)。プラットフォームを一新しV6エンジンを搭載するなど、従来のモデルとは大きくイメージを変えたFRセダン・クーペだ。日本では「スカイラインらしくない」の声も上がったが、北米ではBMW 3シリーズのライバルとして、支持を集めた。

当時日本ではジリ貧状態にあったスカイラインが、その後V36型、そして現行V37型と続いているのも、インフィニティの成功なくしては語れないのだ。

まずは国内で需要が拡大する高級SUVから導入してみては!?

日本でも拡大を続けるSUV市場だが、日産の国内ラインナップは「エクストレイル」と「キックス」のみ。高級SUVのラインナップが充実しているインフィニティこそ、今の日産に求められているモデルのはずだ。

専門ブランドの立ち上げが困難なことは部外者でも容易に想像がつくが、かつてのQ45のように「日産インフィニティ」ならハードルは一気に下がるだろう。しかも多くのSUVモデルは、ここ日本で製造されている。日産国内部門の英断を大いに期待したい。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:日産・INFINITI]

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
12万円750万円
日産/フーガ
日産 フーガカタログを見る
新車価格:
446.4万円626.3万円
中古価格:
28万円495万円
日産/インフィニティQ45
日産 インフィニティQ45カタログを見る
新車価格:
596.2万円691.9万円
中古価格:
62.2万円259.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる