autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 フェアレディZ 試乗レポート/小沢コージ

試乗レポート 2012/8/31 15:37

日産 フェアレディZ 試乗レポート/小沢コージ(1/2)

関連: 日産 フェアレディZ Text: 小沢 コージ Photo: 柳田由人
日産 フェアレディZ 試乗レポート/小沢コージ

販売台数はちょっと厳しいけど・・・正常進化が続く「Z」

日産 フェアレディZ
日産 フェアレディZ日産 フェアレディZ

見方にもよるが、最近フェアレディZの販売がイマイチらしい。聞けば国内では月販300~400台、最大市場の北米でも月1500台前後。ざっと計算して、久々の復活で人気を博した旧Z33に比べて、半分ぐらいのペースだ。

確かに数だけ見ると、値段で倍以上はするポルシェが(911からカイエンまでの全体とはいえど)日本でもフェアレディZと同じくらい売れてるし、鳴り物入りで登場したトヨタ86に至っては、4月に出るなり月2760台で銘柄別の17位を記録し、以降も3000台弱を連発。ボーナス期の6月には3000台をオーバーしたことを考えると、現行Z34は若干厳しい。

が、個人的にはこれをどう見るかだと思う。同じコップ半分の水でも「多い」か「少ない」か、見方によってどちらにでも取れるように。確かに現行Z34は、旧型Z33と同じくその時代のスカイラインをベースにし、Z33よりエンジン排気量を200cc増やしつつ、逆にホイールベースを100mmも縮める手法を採った。言わばサイズを縮めて味を濃くするストイックな凝縮路線だ。

スタイルも旧型の様に伸びやかではなく、よりお尻を縮めてマッチョにするトランジスタグラマー路線でセクシー度を強調。個人的にはよりZっぽくエロくて良いと思う。

実際、販売店でも「前のは良かった」なんて声はないが、この辺りの判断は難しく、ストイック方向が災いした可能性はある。時代は新型ポルシェ911などを見るまでもなくゴージャス方面で、特に新興の中国などでは露骨に硬派さよりも豪華さを好むからだ。

しかし、トヨタ86なんかは重心を極端に低くし、リアシートサイズを割り切ったピュア方向。欧州でもウケそうだし、価格層でも判断は違うし、エンジニアが好きなように作る…というのは間違いじゃないはずなのだ。

日産 フェアレディZ日産 フェアレディZ日産 フェアレディZ日産 フェアレディZ日産 フェアレディZ

パワートレインに変化はないが、ダンパーを締め上げるなどのストイックな方向に進化

日産 フェアレディZ日産 フェアレディZ

というわけで今回デビューから約4年後の2012年7月に行われたマイナーチェンジは、なんとも正常進化かつ時代を反映させた結果となった。

一番大切な見た目だが、正直大変更ってほどのものはないが、ズバリ!よりエグくて味濃いめな方向へと進化した。くの字型の独特のヘッドライトに変更はなく、フロントバンパーのエアインテークがスクエアな長方形となり、両サイドに縦スリット風のLEDが付くと同時にエラっぽい造形になった。実はコレ、旧型Z33にもあったデザインで、ある意味、原点回帰かもしれない。

侮れないところではアルミホイールがまるで「ジャックと豆の木」の枝みたいに、にょろにょろ伸びる大胆デザインとなり、ブレーキキャリパーがレッドに塗られた。ボディカラーにもハデなメタリック系オレンジが選べるようになった。

一方、インテリアはほぼ変わらず、情報ディスプレイのベースカラーがシルバーからメタリックグレーになったのみ。Z34になった時に、全体的な質感が飛躍的に高くなって、300万円後半から買えるスポーツカーとしては満足できるものになっただけに文句はないのだろう。

日産 フェアレディZ

そして一番違うのは走りである。といっても336psの3.7リッターV6DOHCと7ATか6MTのパワートレインにもまったく変化はない。注目は足回りで、それもバネ&スタビライザーは変わらず、ダンパーを締め上げる方向の「ユーロチューンドサスペンション」になった。同時に耐ブレーキ性を向上させたブレーキパッドも採用。

要は、これまたストイックな方向に進化したのだ。

日産 フェアレディZ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フェアレディZ の関連記事

日産 フェアレディZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フェアレディZ の関連記事をもっと見る

日産 フェアレディZ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28