autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ ヨコハマトリエンナーレ2011 「野村万作×萬斎×杉本博司・三番叟公演」に協賛

自動車ニュース 2011/9/20 15:02

メルセデス・ベンツ ヨコハマトリエンナーレ2011 「野村万作×萬斎×杉本博司・三番叟公演」に協賛

メルセデス・ベンツ ヨコハマトリエンナーレ2011 「野村万作×萬斎×杉本博司・三番叟公演」に協賛

メルセデス・ベンツ SLR マクラーレン

メルセデス・ベンツ日本株式会社(以下:MBJ、社長:ニコラス・スピークス、本社:東京都港区)は、現在開催中の現代アートの国際展、ヨコハマトリエンナーレ2011の「OUR MAGIC HOURプログラム」の一環として、9月21日(水)に公演される野村万作×萬斎×杉本博司・三番叟公演『神秘域(かみひそみいき)OUR MAGIC HOUR』に協賛すると発表した。

この公演は、現代美術作家の杉本博司氏が創り出した空間で、狂言師・野村万作師(人間国宝)と野村萬斎師が、能楽の中でも格別に扱われる神聖な舞である「三番叟」をそれぞれ演じるもので、伝統芸能の真髄を現代アートの力を借りて現代に再現するといった内容だ。

また、この舞台幔幕に表現される杉本博司氏の作品「Lightning Fields(放電場)」を、マクラーレンとの共同開発によるスーパースポーツカー「メルセデス・ベンツ SLR マクラーレン」の外装に施して、世界に一台のアートカーとして販売を行うとのこと。

なお、本車両は9月23日(金・祝)から 28 日(水)まで、東京・六本木のブランド発信拠点、メルセデス・ベンツコネクションにおいて展示される予定だ。

メルセデス・ベンツ日本を含むダイムラーグループでは、世界各地での文化・芸術活動を支援しており、中でも現代美術を担う若手アーティストの育成に積極的に取り組んでいるとのこと。

日本においては現在、現代美術館のパイオニアとして高い評価を受ける原美術館との共催で「アート・スコープ 2009-2011」インヴィジブル・メモリーズ展を12月11日まで開催している。

杉本博司(すぎもと ひろし)氏 プロフィール

1948年東京生まれ。70年に渡米、74年よりニューヨークにて写真制作を開始。「劇場」「海景」などに代表される作品は明確なコンセプトと卓越した技術で高い評価を確立し、世界中の美術館に収蔵されている。88年毎日芸術賞、01年ハッセルブラッド国際写真賞受賞。09年第21回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。内外の古美術、伝統芸能に対する造詣の深さでも知られている。10年秋の紫綬褒章を受章。

メルセデス・ベンツSLR マクラーレン

マクラーレンとのパートナーシップによりF1で培った最先端技術を結集して開発され、F1マシンをイメージさせるフロントノーズや跳ね上げ式スイングウイングドアなどの個性的なデザインとともにフルカーボンモノコックボディやエアブレーキなどのレーシングテクノロジーを採用したスーパースポーツカー。

ヨコハマトリエンナーレ2011 「野村万作×萬斎×杉本博司・三番叟公演」詳細

●公演タイトル:ヨコハマトリエンナーレ2011 野村万作×萬斎×杉本博司・三番叟公演 『神秘域(かみ ひそみいき) - OUR MAGIC HOUR 』

●公演日時:9月21日(水)19:00開演(20:30終演予定)

●会場:KAAT神奈川芸術劇場(横浜市中区山下町281)

●主催:公益財団法人小田原文化財団

●共催:横浜トリエンナーレ組織委員会

●協賛:メルセデス・ベンツ日本株式会社

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ の関連記事

メルセデス・ベンツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円