autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フェラーリ、フランクフルトショーで新型「458スパイダー」をワールドプレミア

自動車ニュース 2011/9/14 20:07

フェラーリ、フランクフルトショーで新型「458スパイダー」をワールドプレミア

世界初のアルミ製フル・リトラクタブル・ハードトップを採用

ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼモーロ会長とフェラーリ 新型458スパイダー[フランクフルトショー会場にて]フェラーリ 新型 458スパイダー アルミニウム製フル・リトラクタブル・ハードトップフェラーリ 新型 458スパイダー エクステリアフランクフルトショー フェラーリブース「テーラーメイド・プログラム」

フェラーリは9月13日、第64回ドイツ・フランクフルトモーターショーで、新型8気筒ミッドシップ2シーター「フェラーリ 458 スパイダー」を世界初公開した。

フェラーリ 458 スパイダーは、ミッドシップオープンスポーツカーとして世界で初めてアルミニウム製フル・リトラクタブル・ハードトップを採用したのが大きなニュースだ。従来の折りたたみ式ソフトトップに比べ25kg軽量化し、ルーフを閉じた際の静粛性や遮熱性にも優れるなどメリットは多い。開閉時間は14秒。ハードトップの収納スペースも最小限とし、シート後方のラゲッジスペースも確保した。

搭載されるエンジンは「458イタリア」同様にV8 4499ccエンジン。フェラーリ製デュアル・クラッチ7速「F1パドルシフトトランスミッション」と組み合わされる。

■参考:

フェラーリ、458スパイダーをフランクフルトモーターショーで世界初公開[2011年8月23日]

※画像をクリックすると画像集ページに飛びます。フェラーリ458スパイダーの画像をもっと見たいなら今すぐクリック!

専用内装をオーダー出来る「テーラーメイド・プログラム」

フランクフルトショーのフェラーリブースではこのほか、新たに始まる「テーラーメイド・プログラム」の概要も発表された。

テーラーメイド・プログラムは、フェラーリを新たに購入するユーザーに対し、専用のクロス・トリムやカラー、仕上げ、特殊加工された素材などをオーダー出来るもの。

「Classica(クラッシカ)」、「Scuderia(スクーデリア)」、「Inedita(インエディタ)」の3種類を用意し、クラシック・フェラーリやモータースポーツの歴史に名を刻んだマシンのように仕上げることも可能となっている。

またユーザーひとりひとりに対しパーソナル・デザイナーがつき、仕様の決定から納車までサポートされる。なお会場ではテーラーメイド・プログラムの専用エリアも用意された。

「フェラーリ 458スパイダー」主要諸元

■サイズおよび重量 

全長:4,527mmx全幅:1,937mmx全高:1,211mm/ホイールベース:2,650 mm/乾燥重量:1,430 kg(鍛造ホイールとレーシング・シート装着時) /パワーウエイトレシオ:2.51 kg/CV/重量配分:フロント42 %、リア58 %

■エンジン

 形式:90° V型8気筒/総排気量:4,499 cc/最高出力 570 CV** / 9,000 rpm(ラム効果による5 CVを含む)/最大トルク 540 Nm / 6,000 rpm /比出力:127 CV/L/圧縮比:12.5 : 1/タイヤ:フロント 235/35 ZR20 8.5/リア:295/35 ZR20 10.5

■パフォーマンス

最高速度:320 km/h/0-100km/h:3.4 秒 未満

■燃料消費およびCO2 排出(HELEシステム搭載、複合サイクル[ECE + EUDC])

燃料消費:11.8 L / 100 km/CO2 排出:275 g CO2/km

■ギアボックス

F1 デュアル・クラッチ・トランスミッション 7 速

■電子制御

E-Diff3/F1-Trac/ハイパフォーマンスABS

フェラーリ 458イタリア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フェラーリ 458イタリア の関連記事

フェラーリ 458イタリアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ 458イタリア の関連記事をもっと見る

フェラーリ 458イタリア の関連ニュース

フェラーリ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24