autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フェラーリ、458スパイダーをフランクフルトモーターショーで世界初公開

自動車ニュース 2011/8/23 19:57

フェラーリ、458スパイダーをフランクフルトモーターショーで世界初公開

フェラーリは、新型「フェラーリ 458 スパイダー」をフランクフルト・モーターショーで世界初公開すると発表した。

458 イタリアに新たに追加されるオープントップモデルの「458 スパイダー」は、フェラーリが特許を取得したフル・リトラクタブル・ハードトップを採用しており、これはミッドリア・エンジンを搭載するスポーツカーとしては世界で初めてになるという。

458 スパイダーには、458 イタリアと同様に自然吸気式直噴4.5リッターV8エンジンを搭載。同パワー・ユニットは優れたドライバビリティーをはじめ、パフォーマンス、経済性、上質さが評価され、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー・アワード 2011」を受賞している。

エンジンパワーは、このクラスをリードするフェラーリのデュアルクラッチF1パドルシフト・トランスミッションと、精密に制御されたE-Diffを介して路面に伝達される。

E-Diff は F1トラクション・コントロール・システムおよびハイパフォーマンスABS と統合制御されており、車輌のハンドリング性能を最大限に引き出す。また、アクセルペダルのマッピングやマルチリンクサスペンションの減衰力など、オープントップでの走行状態に合わせた改良が施されている。

458 スパイダーでは、採用しているハードトップの素材にアルミニウムを採用したことで、従来のソフトトップと比較し、重量が約25kg削減され、ルーフの開閉時間はわずか14 秒ほどにまで短縮されている。

車体後部はバットレスのある革新的なフォルムが特徴的で、この設計により、エンジン吸気口への空気の流れを最適化させるだけでなく、クラッチやギアボックス・オイル・ラジエーターへも十分な冷却気流を送ることが可能。

オープントップでの走行を最大限快適にするための施策として、458 スパイダーには十分な大きさの可変式電動ウィンドストッパーを装備。このウィンド・ストッパーによってコクピット内の空気流を穏やかにし、時速200kmを超えるスピードで走行しても、通常通りの会話ができるという。

ルーフの開閉に関わらず、十分なシャシー剛性を確保するための新しい技術的なソリューションを採用した結果、エキサイティングなドライビングを楽しむことができる、並外れたパフォーマンスとレスポンス性能を両立したモデル。

フェラーリでは、458スパイダーは「オープントップ・ベルリネッタ」の魅力を継承したモデルであるとしている。

「フェラーリ 458スパイダー」主要諸元

全長×全幅×全高:4,527mm×1,937mm×1,211mm

ホイールベース:2,650mm

乾燥重量:1,430kg

パワーウエイトレシオ:2.51 kg/CV

重量配分:フロント42%/リア58%

エンジン形式:90° V型8気筒

総排気量:4,499cc

最高出力:570 CV/9,000rpm

最大トルク:540Nm/6,000rpm

タイヤ:(F)235/35 ZR20/(R)295/35ZR20

最高速度:320 km/h

0-100km/h:3.4 秒未満

燃料消費:11.8L/100km

CO2 排出:275g CO2/km

ギアボックス:F1 デュアルクラッチ・トランスミッション、7速

フェラーリ 458スパイダー フロントイメージフェラーリ 458スパイダー リアイメージフェラーリ 458スパイダー トップイメージフェラーリ 458スパイダー サイドイメージフェラーリ 458スパイダー テールランプ

フェラーリ 458イタリア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フェラーリ 458イタリア の関連記事

フェラーリ 458イタリアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ 458イタリア の関連記事をもっと見る

フェラーリ 458イタリア の関連ニュース

フェラーリ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18