autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ、エレクトリックドライブの実験車両を開発

自動車ニュース 2010/7/26 18:38

ポルシェ、エレクトリックドライブの実験車両を開発

関連: ポルシェ
ポルシェ

ポルシェでは「ポルシェ インテリジェントパフォーマンス」をさらに推進するにあたり、エレクトリックドライブが果たす役割がより大きくなってきている。ポルシェAGは、より高い効率と低燃費/低排出ガスを実現するため、すでに市販車に採用されているハイブリッドコンセプトの開発を継続するだけでなく、シュトゥットガルト・エレクトロモビリティ・モデル地区の一環としてポルシェ ボクスターをベースとした3台の研究車両を使って実地試験を行っている。

この試験プロセスでは、3台のエレクトリック・ボクスターによるフルEV用の新たなエレクトリックドライブのコンポーネントおよびバッテリーシステムに関する初期の重要なテストが行われる。また、2011年初頭からはこの実地テストではエレクトロモビリティで必要となるインフラや、ユーザー行動および将来の製品に求められる要件についての新たな課題の検討も開始される。

ポルシェAGの社長であるミヒャエル・マハトは、このポルシェの貢献が本質的に必要なものであると考えている。

「私達は将来、必ずエレクトリックスポーツカーを販売することになるでしょう。しかし、このようなコンセプトは、今日のスポーツカーと同等の性能と航続距離を達成できなければ意味をなしません」

ポルシェは長年エレクトリックモビリティに取り組んでおり、環境保護および資源の節約に貢献している。コンセプトスタディである918スパイダーは、プラグインハイブリッドシステムを搭載した高性能ミッドシップスポーツカーで、エンジン技術とエレクトロモビリティにおける高度な技術進歩と数々の卓越した特性を備えている。排出ガスはわずか70 g/km CO2、燃費も100 kmあたり3リッター(NEDCサイクル)であるにもかかわらず、600 PSを超えるスーパースポーツカーの性能を発揮する。

一方、911 GT3 Rハイブリッドのハイブリッドシステムはレース専用に開発されたもので、フロントアクスルに装備された60 kW(82 PS)を発生する2基のモーターがリアに搭載された480 PSの6気筒エンジンをアシストする。ブレーキング時に発生したエネルギーは、従来のバッテリーではなくエレクトリカルフライホイールを備えたシステムに蓄積され、電気モーターに電力を供給する。911 GT3 Rハイブリッドは、すでにニュルブルクリンク24時間レースにおいてその実力を証明している。

さらに、ポルシェは電気のみでの走行も可能としたクラス初の市販ハイブリッド車、カイエンS ハイブリッドを導入している。最高出力380 PSを誇るカイエンS ハイブリッドの燃費はわずか8.2リッター/100 km(NEDCサイクル)、CO2排出量も193 g/kmに抑えられている。このハイブリッドテクノロジーは、来年発売予定のパナメーラS ハイブリッドにも採用される予定となっている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ の関連記事

ポルシェの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ の関連記事をもっと見る

ポルシェ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    1,591万円2,327万円