autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スズキ バレーノ、1Lターボの燃料をハイオクからレギュラーに変更

自動車ニュース 2018/5/16 12:50

スズキ バレーノ、1Lターボの燃料をハイオクからレギュラーに変更

スズキ バレーノ

スズキは、ハッチバックタイプの小型乗用車「バレーノ」の1リッターターボエンジン搭載車の使用燃料を、プレミアムガソリンからレギュラーガソリンに変更して2018年5月16日より発売する。価格(消費税込)は172万8000円。

小型乗用車「バレーノ」は、2016年3月から国内で販売を開始し、1.2リッター自然吸気エンジンと1リッターターボエンジンの2種類を設定している。

今回、1リッターターボエンジンを、1.2リッター自然吸気エンジンと同様、経済的なレギュラーガソリン仕様に変更することで、幅広いユーザーに選んでもらえるようにした。

なお、バレーノは、インドの子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産し、日本で輸入車として販売される。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ バレーノ の関連記事

スズキ バレーノの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ バレーノ の関連記事をもっと見る

スズキ バレーノ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2018/4/25~2018/5/25