autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、アクセラに最新の安全技術を標準装備…セダンに1.5Lディーゼルを新設定

自動車ニュース 2017/8/24 13:07

マツダ、アクセラに最新の安全技術を標準装備…セダンに1.5Lディーゼルを新設定

マツダ アクセラスポーツ

マツダは、アクセラスポーツ/アクセラを商品改良し、8月24日から予約を開始する。なお、発売は9月21日となる。

価格(消費税込)は、アクセラスポーツ/アクセラが182万5200円~331万200円、アクセラハイブリッドが250万5600円~287万9000円となる。

>>マツダ アクセラスポーツ/アクセラの画像を見る

マツダは、運転初心者から高齢者まで幅広いユーザーに安全・安心なクルマをお届けするため、2017年度中に国内主要5車種へ先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備することを公表しており、今回発売するアクセラによって5車種が出揃う。

マツダ アクセラスポーツ/アクセラ

今回の商品改良では、車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、AT車のペダル踏み間違い事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「先進ライト」を全機種で標準装備する。

これによりアクセラは、CX-3、CX-5、アテンザと同様に、経済産業省や国土交通省などが普及啓発する安全運転サポート車の「サポカーS・ワイド」に全機種が該当する。

さらに、マツダでは車両前方の危険認知・衝突回避支援技術に加え、日常運転シーンにおける事故リスクのさらなる低減をめざし、ドライバーの死角になりやすい車両側方および後方の危険認知をサポートする「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」などの標準化を進めており、今回発売するアクセラでも、全機種でこれらを標準装備とする。

加えて、今回発売するアクセラでは、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」を、マツダ車として初採用する。

 

マツダ アクセラスポーツ/アクセラに搭載される360°ビュー・モニターの概要

 

また、1.5リッタークリーンディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 1.5)をアクセラセダンへ新設定するとともに、上質で快適な室内空間を提供するL パッケージを1.5リッターガソリンエンジン車にも追加する。

さらに、アクセラのスタイリングの魅力をさらに高める新開発のボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定し、さらなる商品性・価値の向上を図る。

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラスポーツ の関連記事

マツダ アクセラスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラスポーツ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラスポーツ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18