autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲンとアウディ、日本への輸入累計が100万台を突破

自動車ニュース 2010/1/21 17:00

フォルクスワーゲンとアウディ、日本への輸入累計が100万台を突破

フォルクスワーゲングループジャパン、およびアウディジャパンが日本に正規輸入する両ブランド合計の総輸入累計台数が100万台に達し、VGJ豊橋インポートセンターに隣接する明海埠頭第1号岸壁で陸揚げされた。

この記念すべき100万台目の車両は、今年1月14日(木)に国内発表されたライジングブルーメタリックの最新スポーツモデル「ゴルフR」だ。

1月20日(水)、VGJの社員および港湾関係者が見守る中、同埠頭に接岸中の自動車運搬専用船「コロンビアハイウェイ号」から、VGJが同埠頭で独自に輸入を開始してから100万台目となる「ゴルフR」が陸揚げされた。

同船には合計2,696台のフォルクスワーゲン車、アウディ車が搭載されており、今回の輸入分を含めると、両ブランドの総輸入累計台数はフォルクスワーゲンが810,993台、アウディが191,563台の合計1,002,556台となり、1991年4月の第一船入港以来18年9ヶ月で100万台を達成した。

1989年、VGJの前身であるフォルクスワーゲン株式会社が、フォルクスワーゲングループ各社の製品(完成車両・純正部品など)輸入権を獲得。これとほぼ同時期に、現・本社所在地である愛知県豊橋市明海町に自前のインポートセンター建設予定地を取得。

1991年4月には、総額270億円(当時)を投じて国内インポーターとしては最大級となるインポートセンターの建設を始めた。翌1992年5月には本社機能を東京から豊橋に移転し、1993年5月から本格稼動させている。

現在VGJでは、フォルクスワーゲン、アウディ、ランボルギーニ、ベントレーなどグループ各社の輸入業務に加え、ポルシェの輸入業務も受託している。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円