autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェが32種類の新タイヤを発売『57年前のモデルでも“ポルシェらしく”走らせる』

自動車ニュース 2016/4/22 15:12

ポルシェが32種類の新タイヤを発売『57年前のモデルでも“ポルシェらしく”走らせる』

関連: ポルシェ
(参考)1988, 911 Carrera 4 Coupé Type 964

ポルシェAGは、特定の世代の車両に合わせて適切にチューンされたタイヤの開発やテストを行い、発売することを発表した。この中には、ピレリ社と協力して発売されたタイヤも含まれている。

これまでに製造された全ポルシェモデルのうち約70%は、現代の基準においても走行可能である。これらに適合するタイヤへのニーズを満たすために今回開発された。

新開発のタイヤは、その外観とプロファイルデザインの面で歴代のオリジナルタイヤに極めて類似しているが、走行特性に関しては、現代のタイヤに要求される基準性能を満たしている。1959年モデルから2005年モデルまでについて、合計32種類の新しいポルシェ推奨のタイヤが用意される。

(参考)356 B Carrera 1600 GT
(参考)Boxster Type 986

対象となるモデルシリーズは、356(B・C)、ボクスター(986)、911(Gモデル、964、993、996)、ならびにトランスアクスルモデルシリーズの924、928、944、968。クラシックタイヤにも、ポルシェ専用タイヤであることを示す“N”の承認記号*が表示されている。

* ポルシェの公式品質シール“N”:発売前のテストにおいて非常に優れた成績を示したタイヤモデルだけに与えられる。この記号を得るために、新しいタイヤは欧州のテストコースで過酷なテストを受け、合計33の厳格な評価基準を満たさなくてはいけない。

>>フォトギャラリー

走行性能が向上したクラシックポルシェモデル

(参考)1994, 911 Carrrea Coupé Type 993

これらのタイヤは、歴代モデルの単なる再販ではなく、オリジナルのデザインに現代のタイヤの走行特性を兼ね備えている。1960年代から1990年代にかけての正真正銘のプロファイルパターン、タイヤ寸法、および断面積比が、ツッフェンハウゼン製ヒストリックスポーツカー特有のデザイン性を際立たせ、タイヤの材料構成は、トラクションと荷重に理想的な特性をもたらしている。

タイヤの内部構造は、現在のタイヤカーカスの構造と同等。ラバーコンパウンドは、最新のタイヤ技術に用いられる素材を含んでおり、新しいタイヤは、優れたグリップと良好な転がり抵抗値を両立させた。優れたウェットグリップにもかかわらず静粛なため、公式EUタイヤ規則のあらゆる車両認定基準を満たしている。これらの新たにチューンされたタイヤにより、クラシックポルシェモデルは、よりいっそうバランスのとれた走行特性を示すことが可能となる。

(参考)1994, 911 Carrera Coupé Type 993

タイヤのチューニングにおいて、ポルシェのタイヤテスト担当者は、元ラリー世界チャンピオンのヴァルター・ロール氏と共に作業を行った。ヴァルター・ロール氏は、新規に開発し直されたタイヤのメリットについて「初期のタイヤの走行特性は、今日のものほど完全ではなく、バランスもとれていませんでした。しかし新世代のタイヤは、挑戦しがいのあるスポーツカーのドライビングスタイルに今まで以上に適合しています」とコメントした。

ポルシェのタイヤテスト担当者のディーター・レッシュアイゼン氏は、専用にチューンされたタイヤが顧客の要望に応えるメリットについて「新たに発売されたタイヤは、極めて優れたバランスの良い走行特性を備えているので、クラシックモデルを現代でもポルシェらしく走らせることを可能にするでしょう」と述べた。

モータースポーツのための専用タイヤを開発

今回の発売に向けたポルシェチームによる一連のテストに使用できたピレリタイヤは、ピレリCN36に加えて、ピレリP7とピレリP Zero Rossoである。元々、ピレリP Zero Rossoタイヤは、1994年からポルシェ911(タイプ993)に装着されて公道で使われていた。

そして今回、このタイヤが、一般的に使われる11種類のサイズで再び入手することが可能となった。通常の公道使用のためのビンテージタイヤとクラシックタイヤに加え、ポルシェは、ヒストリックカーによるモータースポーツのための専用タイヤを開発。例えば、セミスリックとしてデザインされたP Zero Trofeo Rは、16インチから18インチまでのサイズで提供されている。このタイヤは、サーキットやラリーなどのヒストリックモータースポーツでの使用と、そこで生じる高い熱負荷に対応するために特別にデザインされた。

1959年モデルから2006年モデルまでに限っても、現在、161種類のポルシェが推奨するサマータイヤがあり、これにポルシェが推奨する131種類のウインタータイヤを加えて、ポルシェクラシックタイヤのプログラムが完成する。人気の高い最近のクラシックカー(モデル993および996)と過去10年に製造された現行モデル向けのプログラムを含めると、全てのポルシェモデルと現在発売されている全てのタイヤについて、推奨バリエーションの合計は2,200にも上る。これらのタイヤと近年発売されたタイヤは現在、全てのポルシェ正規販売店のポルシェセンターでオーダーすることができる。

※販売銘柄、サイズは国によって異なる場合有

>>次のニュース

>>最新ニュース一覧

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ の関連記事

ポルシェの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ の関連記事をもっと見る

ポルシェ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円