autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース VW、「CES 2016」で“初代ワーゲンバス”をイメージした新世代EVコンセプトモデルをワールドプレミア

自動車ニュース 2016/1/7 19:10

VW、「CES 2016」で“初代ワーゲンバス”をイメージした新世代EVコンセプトモデルをワールドプレミア

フォルクスワーゲン「BUDD-e」
フォルクスワーゲン「BUDD-e」フォルクスワーゲン「BUDD-e」

フォルクスワーゲンAGは、米・ラスベガスで開催されている世界最大級の家電見本市「CES 2016」において、モジュラー エレクトリック ドライブキット(MEB)をベースにした革新的なコンセプトカー、「BUDD-e」を展示し、電気自動車開発における次なる大きなステップを示した。

さらに、より大型化されたディスプレイとジェスチャーコントロールを含め、新しいディスプレイおよび制御コンセプトを備えた、量産車向けの次世代インフォテインメントシステムを搭載した「e-Golf Touch」も発表された。

世界初公開された「BUDD-e」は、未来のモビリティに向けた次なるステップを示すもの。新開発の電気駆動システムは、最大533km(NEDC:新欧州ドライビングサイクル)/233マイル(EPA:米国連邦環境保護庁による予測実走行可能距離)という、長い航続距離を実現。さらに4輪駆動を採用した車両システムでは、合計で235kW/317PSの出力を発生する。このコンセプトカーは、バッテリーを車両のフロアに搭載。あらゆる制限から解放され、まったく新しいインテリアデザインを可能にしている。「BUDD-e」は、初代フォルクスワーゲンバスを現代的にアレンジしたクルマ。充電時間は、わずか30分ほどでバッテリー容量の80%まで充電可能となる。

フォルクスワーゲンブランド取締役会会長のDr.ヘルベルト ディース氏は、CESに集まった2,300人の来場者の前で「BUDD-eは、近未来のトレンドセッターです。私たちは、特に電気自動車による長距離移動用に設計された、完全に新しくユニークな車両コンセプトを開発しています。未来のモビリティでは、自動運転も大きな特徴となるでしょう。自動運転は日常生活の一部となり、モビリティを完全に変えることになるでしょう。フォルクスワーゲンは、これらの最先端テクノロジーをどのように活用し、私たちのお客様にお届けするのかについて、沢山のアイデアを持っています」と、コメントしている。

フォルクスワーゲン「BUDD-e」
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円