autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、アクセラを一部改良で最新の先進安全装備を採用

自動車ニュース 2015/8/27 13:43

マツダ、アクセラを一部改良で最新の先進安全装備を採用

ガソリンエンジン車の燃費を向上

マツダ アクセラ「15S Touring」
マツダ アクセラ

マツダは、「アクセラ」のガソリンエンジン及びディーゼルエンジン搭載車を一部改良して、8月27日から発売する。

今回改良された「アクセラ」は、車両後方の検知システムを刷新。

マツダとして最新の安全装備である、走行中に後側方から接近する車両を検知してドライバーに知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、駐車場などで後退する際に接近する車両を検知してドライバーに知らせる「リア・クロス・トラフィックアラート(RCTA)」を採用。ドライバーの危険認知支援を強化し、接触事故のリスク低減をサポートする。

また、販売台数の約半数を占めるSKYACTIV-G1.5(ガソリンエンジン)搭載車の商品力を強化することで、ユーザー満足度のさらなる向上を目指した。

AT(自動変速機)制御の改良により燃費を向上し、20.6km/L(JC08モード燃費)の低燃費を実現。2020年燃費基準を達成し、エコカー減税の減税率も向上した。

さらに、15S Touringに新たに4WDのグレードを設定した。

「アクセラ」一部改良の概要

安全装備の強化(「XD」、「20S Touring L Package」、「20S Touring」、「15S Touring」)

・走行中に後側方から接近する車両を検知してドライバーに知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、駐車場などで後退する際に接近する車両を検知してドライバーに知らせる「リア・クロス・トラフィックアラート(RCTA)」を採用。

※「XD」、「20S Touring L Package」、「20S Touring」、「15S Touring」に標準装備、「15S」にメーカーセットオプションとして設定。

・アクティブ・ドライビング・ディスプレイの走行車線表示を、よりわかりやすいものに変更。

燃費の向上(「15S Touring」、「15S」、「15C」)

AT制御の改良により、SKYACTIV-G 1.5搭載車(6EC-AT・2WD)の燃費を向上。JC08モード燃費でセダンは20.6km/L、スポーツは20.4km/Lを達成し、エコカー減税の対応を強化。

選択肢の拡大[15S Touring]

燃料消費を抑えながら、優れた走破性と車両の安定性を実現する、マツダの新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイアクティブ・エーダブリュディ)」の設定グレードを拡大。

マツダ アクセラ 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18