autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダが「CR-Z」で雲へ向かうレースにチャレンジ! ~若手技術向上を狙う~

自動車ニュース 2015/5/27 10:19

ホンダが「CR-Z」で雲へ向かうレースにチャレンジ! ~若手技術向上を狙う~

EVの「Electric SH-AWD」搭載「CR-Z」で参加

ホンダ「CR-Z」Electric SH-AWD

ホンダが『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(以下、パイクスピーク)』に「CR-Z」で参加することが明らかとなった。

パイクスピークは米国コロラド州で開催される自動車と二輪車のレースで、別名「雲へ向かうレース(The Race to the Clouds)」として知られている。スタート地点は標高2,862mで頂上の4,302m地点まで一気に駆け上がり、タイムを競う。気温や天候の変化が激しい過酷なレースとなっている。

ホンダ「CR-Z」Electric SH-AWD

今回の参加は、本田技術研究所 四輪R&Dセンターが進めている“理想の操縦安定性”と車を操る“FUN”の追求という研究開発テーマの確認の一環として参加するもの。研究施設のテストコースより過酷な条件下でデータを収集し技術の到達度を確認するとともに、若手技術者のチャレンジの場として今回のレースに参加するとしている。

今回パイクスピーク仕様のCR-Zに搭載される「Electric SH-AWD」は、4つのモーターを四輪それぞれに駆動力を自在に制御する。プラスのトルク(駆動力)のみならず、マイナスのトルク(減速力)をそれぞれ四輪で制御し、前後駆動輪で左右の駆動力の制御を行う。コーナーでは車両自ら内向きのヨーモーメントを発生させることが可能となり、従来のSH-AWD以上のかつてないオン・ザ・レール感覚を実現している。

コーナリング時などはドライバーが導く方向に導く感覚や、直進時などは走行安定を保つ制御システムである「Precision All-Wheel Steer」は、後輪のトー(toe)角度を左右独立で制御できる電動アクチュエーターも装備している。

これらにより、ホンダが培ってきた先進技術を過酷なレースであるパイクスピークでチャレンジすることで、更なる技術向上を狙うもの。

ホンダ CR-Z 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ CR-Z の関連記事

ホンダ CR-Zの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-Z の関連記事をもっと見る

ホンダ CR-Z の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円