autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ルノー、「ルーテシア」0.9リッターターボ車を発売

自動車ニュース 2014/12/25 00:27

ルノー、「ルーテシア」0.9リッターターボ車を発売

ルノー 「ルーテシア ゼン」

ルノー・ジャポンは、ルノーの新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」に沿った情熱的なデザインが特徴のルノールーテシアゼンに、軽快に、思いのままにドライビングが楽しめる0.9リッターターボエンジンと5速MTを組み合せたパワートレーンを搭載した「ルノールーテシアゼン(0.9Lターボ/5速MT)」を、1月8日(木)から発売開始する。価格は2,080,000円(消費税込)としている。

ルーテシアは、ルノーの新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」のもとでデザインされた初の市販車で、「サイクル・オブ・ライフ」の最初のステージである「LOVE」をテーマとする情熱的なデザインが特徴のモデル。

街中で扱いやすいエンジンを搭載

ルノー 「ルーテシア ゼン」
ルノー 「ルーテシア ゼン」ルノー 「ルーテシア ゼン」

このルーテシアには、これまで『インテンス』、『ゼン』、『アクティフ』の各グレードに共通して、2リッターエンジンに匹敵する性能を発揮する1.2リッター直噴ターボエンジンと、スムーズかつ高効率な6速エフィシエントデュアルクラッチを組み合せたパワートレーンが採用されている。

この1.2リッター直噴ターボエンジンに加え、今回新たにルーテシアゼンに、軽快な走りをもたらし、かつ低燃費の0.9リッターターボエンジンを設定した。この0.9リッターターボエンジンは、1.4リッター並みの135N・mの最大トルクを2,500回転で、そして最大トルクの90%を1,650回転という低回転で発生する、街中で扱いやすいエンジン特性が特徴である。

また、ストップ&スタート機能の採用により、燃費性能をさらに向上。組み合わされるトランスミッションは、自在に車を操ることができる5速MTとなっている。ヒルスタートアシストが装備され、坂道発進をサポートする。

エクステリアには、ルーテシアインテンスと同様のブリリアントブラックパーツとクロームメッキフィニッシャー、そして16インチブラックアロイホイールを採用し、デザイン性を高めている。

ルノー ルーテシア ゼン 主要諸元

全長×全幅×全高(mm):4,095×1,750×1,445/ホイールベース(mm):2,600/エンジン:ターボチャージャー付 直列3気 筒DOHC 12バルブ/最高出力 kW(ps)/rpm(EEC):66(90)/5,250/最大トルク N・m(kgm)/rpm(EEC):135(13.8)/2,500/駆動方式:前輪駆動(FF)/トランスミッション:5速MT

ルノー ルーテシア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー ルーテシア の関連記事

ルノー ルーテシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー ルーテシア の関連記事をもっと見る

ルノー ルーテシア の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20