autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【ホンダ】スーパーGT第3戦、300クラスはARTAが逆転優勝

自動車ニュース 2014/6/4 15:09

【ホンダ】スーパーGT第3戦、300クラスはARTAが逆転優勝

高木真一・小林崇志組が今季初勝利!

高木真一選手と小林崇志選手の表彰台/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス
#55 ARTA CR-Z GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス小林崇志選手/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス

2014 スーパーGT第3戦 オートポリスが5月31日・6月1日、大分県で行われた。GT500クラスは日産GT-Rが表彰台を独占する形となったが、GT300クラスはホンダが勝利を手にした。

予選2番手、決勝レースを2番グリッドからスタートした#55 ARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志組)はピットストップを素早く終えると、それまでトップを走っていたライバルの攻略に成功。ここで首位に立つと最後までそのポジションを守りきり、今季初優勝を果たした。

また、9番グリッドからスタートした#0 MUGEN CR-Z GT(中山友貴/野尻智紀組)も、5位まで追い上げてフィニッシュした。

一方GT500クラスのホンダ勢は第3戦を終え、未だ表彰台に上っていない。新型GT500車両となった今季はGT-Rが好調を見せており、それにレクサスが続く形となっている。ホンダ勢の巻き返しに期待したい。

◎関連記事

■【日産】スーパーGT第3戦、GT-R最強伝説再び

■【レクサス】スーパーGT 初夏の九州決戦、レクサス勢惜しくも表彰台に届かず

#0 MUGEN CR-Z GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#0 MUGEN CR-Z GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#0 MUGEN CR-Z GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス中山友貴選手/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス野尻智紀選手/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス

ホンダ勢、GT500クラスは#100 RAYBRIGの6位が最上位

#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス

決勝日、30℃を越える暑さに見舞われ山間に位置するオートポリスでも真夏のように蒸し暑い中、決勝レースを迎えた。

スタートで大きな混乱はなく、#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GTは6番手、#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTは7番手、#8 ARTA NSX CONCEPT-GTは9番手と、スターティンググリッドのポジションを守ってオープニングラップを終えた。

4周目、#8 ARTAは後方から追い上げてきたライバルにポジションを奪われ、一時10番手へと後退しますが、その直後に目の前で繰り広げられたバトルの行方を慎重に見極めると、巧みにチャンスをつかみ取りライバルの1台を攻略。#8 ARTAは9番手のポジションを奪い返す力を見せ、ライバルたちと互角に戦えるマシンに仕上がっていることを印象づけた。

さらに、#8 ARTAは#17 KEIHINをオーバーテイクし8番手に浮上。

一方で7周目、#18 ウイダーのベルネ選手はライバルの1台を攻略、12番手に浮上したが、GT300クラスの1台をオーバーテイクしようとしてラインを外し、コントロールを失ってしまい、これにより14番手へと後退した。

#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#32 Epson NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#8 ARTA NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス
#18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス
ジャン・カール・ベルネ選手/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス

酷暑のもと、タイヤの摩耗が急速に進行してハンドリングが悪化するマシンが出てくる中、5台のNSX CONCEPT-GTは慎重に周回を重ね、レース後半の追い上げを期していた。

19周目、6番手を走行していたライバルを#8 ARTAと#17 KEIHINが相次いでオーバーテイク。これで#8 ARTAは6番手、#17 KEIHINは7番手へと駒を進めた。

25周目、ホンダ勢のなかで唯一ソフトタイヤを装着していた#100 RAYBRIGがピットイン。給油、タイヤ交換を行い、小暮選手にドライバーを交代してコースに復帰した。これに続く形で、#17 KEIHINは26周目、#8 ARTAと#32 Epsonは28周目、#18 ウイダーは29周目にそれぞれピットストップを行った。

その後、#17 KEIHINにエンジンの補機類に関係するトラブルが発生。塚越選手はマシンをコース脇に止め、リタイアとなった。

38周目までにGT500クラス車両の全車がピットストップを終え、この段階でホンダ勢のトップは#100 RAYBRIGの6番手。#18 ウイダーは9番手、#32 Epsonは11番手につけていた。しかし、この直前まで7番手を走行していた#8 ARTAはブレーキ系のトラブルが発生してコースアウト。その後、自力でピットまで戻ってきたものの、このトラブルのためリタイアを余儀なくされた。

46周目、GT300クラス車両の1台が1コーナーで激しくクラッシュ。ドライバーは無事救出されたが、その直後に同じく1コーナー付近でGT500クラス車両の1台に火災が発生、コースサイドにマシンを止めた。これらのマシンを排除するため、48周目から56周目までセーフティカーが導入された。

セーフティカーが退去すると、各マシンは競技を再開。3台のNSX CONCEPT-GTは最後の追い上げを図ったが、順位を上げることはできず、#100 RAYBRIGは6位、#18 ウイダーは7位、#32 Epsonは10位でフィニッシュし、完走した3台のNSX CONCEPT-GTはそろって入賞を果たした。優勝は#23 MOTUL AUTECH GT-Rとなった。

次戦は7月19日(土)、20日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される。

#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス小暮卓史選手/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス武藤英紀選手/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス
山本尚貴選手/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#32 Epson NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#8 ARTA NSX CONCEPT-GT ヴィタントニオ・リウッツィ選手/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス金石年弘選手/2014 スーパーGT 第3戦オートポリス

ホンダ NSX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ NSX の関連記事

ホンダ NSXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ NSX の関連記事をもっと見る

ホンダ NSX の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円