autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー、208に新たに「PureTech」を搭載したモデルを発売

自動車ニュース 2014/1/6 14:12

プジョー、208に新たに「PureTech」を搭載したモデルを発売

プジョー 208

プジョー・シトロエン・ジャポン(PSA)は、1.2L 3気筒エンジンにストップ&スタート機構、そして新しいトランスミッションETG5を組み合わせた「PureTech(ピュアテック)」を搭載した208を、6日(月)より販売開始した。

208は2012年秋、“RE-GENERATION”をコンセプトに、走行性能、快適性、安全性を高いレベルで調和させたモデルとしてデビュー。そして、このたび新開発のパワートレインを組み合わせ、低燃費でさらに軽快な走行性能を誇る製品へと進化した。

※PureTech:1.2L 3気筒エンジン(EB2型)、ストップ&スタート機構、ETG5を組み合わせたパワートレインの総称

208「PureTech」搭載モデルの主な特長

1.2L 3気筒エンジン(EB2型)パドルシフト

1.2L 3気筒エンジン(EB2型)

208 Allure 5MTモデルに搭載されているPSAグループ開発の新世代1.2L 3気筒エンジンは、燃焼効率を上げるためピストンにカーボンコーティングを施し、さらに可変バルブタイミングを採用、バランサーシャフトにより騒音や振動を軽減するなど、軽快な吹け上がりと力強いトルクが特長。今回新たに5ドアモデルにも搭載。

ストップ&スタート機構

停車時のアイドリング停止と発進時の再始動を自動的に制御、燃費の低減に貢献。

ETG5(オートマチックモード付5速エフィシェント・トロニック・ギアボックス)

軽量、コンパクトな新開発トランスミッションにはクリープ機能やヒルスタート・アシスタンスが追加され、スムーズな運転をサポート。また、ステアリングコラムのパドルシフトや、シフトダウン時には自動的にエンジン回転数を合わせる機能も加わった。

ヒルスタート・アシスタンス:約3%以上の勾配で、ブレーキペダルを離してから2秒間、停車状態を保持。

燃費性能

1.6L+4速オートマチックモデルから70kg軽量化し、JC08モード燃費は19.4km/Lと、平成27年度燃費基準を達成。

モデルバリエーションおよび価格

モデル

トランス

ミッション

エンジン

排気量

ハンドル

/ドア

最高出力

(ps/rpm)

最大トルク

(Nm)/rpm)

内装

販売価格

(消費税込)

208 Allure

5MT

1.2L

直列3気筒

DOHC

1,199cc

右/3

82/5,700

118/2,750

ブラック・ファブリック

/テップレザー

2,020,000円

ETG5

2,120,000円

208 Premium

右/5

ブラック・ファブリック

2,160,000円

208 Cielo

ブラック・ファブリック

/レザー

2,400,000円

プジョー 208 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 208 の関連記事

プジョー 208の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 208 の関連記事をもっと見る

プジョー 208 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円