autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、SKYACTIVを全面採用した新型「CX-5」が米国IIHSの衝突安全試験で最高評価を獲得

自動車ニュース 2012/3/21 15:13

マツダ、SKYACTIVを全面採用した新型「CX-5」が米国IIHSの衝突安全試験で最高評価を獲得

マツダは、米国向けの新型「マツダ CX-5」が、米国保険業界の非営利団体である米国IIHS(道路安全保険協会)による衝突安全試験で最高等級の「トップセーフティピック2012」を獲得したと発表した。

IIHSによる衝突安全試験は、時速40マイル(約64km/h)のオフセット前面衝突、時速31マイル(約50km/h)側面衝突、時速20マイル(約32km/h)での後面衝突時の頚部(けいぶ)保護性能試験、ルーフ強度の4つの試験を行い、車体の変形や安全装備の作動具合から乗員の保護性能などを検証し、4段階(GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可))で評価される。

そして、4つの試験すべてにおいて「GOOD(優)」と評価されたクルマが、「トップセーフティピック」に認定される。

「CX-5」は、パワートレイン、ボディ、シャシーにわたって「SKYACTIV技術」を全面的に採用し、新デザインテーマ「魂動(こどう)」を反映させた、マツダの新世代商品第1弾。

「CX-5」から採用した新世代の軽量・高剛性「SKYACTIVボディ」は、ボディ構造の原理原則に立ち返り、構造、工法、材料を一から見直した理想のボディを目指して開発された。

前後のバンパービームに、世界最高の強度をもつ1,800MPa級の自動車用高張力鋼板を採用するなど、ボディの61%に高張力鋼板を使用し、軽量化を追求するとともに高い衝突安全性能を実現している。

米国での販売は2012年2月に開始され、優れた走行性能と燃費性能を両立している点や、SUVの中で際立った存在感を放つデザイン、居住性などが高く評価されている。

さらに、今回の第三者機関による評価によって、「CX-5」の高い衝突安全性能が証明された。マツダ車では、2011年に「Mazda3(日本名:アクセラ)」も「トップセーフティピック」に認定されており、2年連続の獲得となる。

CX-5 20SCX-5 20SCX-5 XDCX-5 カラクリトノカバーCX-5 20S

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20