autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート レクサス HS250h 実燃費レビュー【vol.4 300-400km】

燃費レポート 2009/9/27 03:00

レクサス HS250h 実燃費レビュー【vol.4 300-400km】(1/2)

関連: レクサス HS Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
レクサス HS250h 実燃費レビュー【vol.4 300-400km】

走行時の高い静粛性と、シートのサポート不足

レクサス HS250h 走行イメージ
伊豆スカイライン料金所レクサス HS250hの前を走るMR-S

伊豆の山中と小さな街をいくつか通り抜け、伊豆スカイラインに入る。ここも、さまざまな種類のコーナーが連続する、走り応えのある道だ。

アップダウンもキツく、パワーウェイトレシオの小さなクルマではもどかしく感じることもある。

レクサス HS250hはパワフルとは言えないが、もどかしいということもない。スロットルペダルを深めに踏んで加速する時のエンジン排気音とモーターの回転音は、プリウスのそれよりも格段に静かだ。

600cc排気量を大きくし、3ボックス型ボディを採用しているだけのことはある。

ワインディングロードでの静粛性の高さはHS250hの長所のひとつだが、短所も顔を覗かせて来た。走行300kmを過ぎて来た辺りから、シートの役不足ぶりが露呈して来たのだ。

レクサス HS250hを運転する金子浩久氏

ワインディングロードでは、シートのサイドサポートが足りないために、身体を支えてくれない。さらに、シート座面内のウレタンがツブれたままで、反発してくれないから、ポジションが定まらず、筋肉が痛くなってくる。助手席のS編集長も同じ気持ちのようだ。

「こういうところだと、自分で自分の身体を支えていなければなりませんね」

このクルマだけのことではないが、このページで試乗したクルマは、すべて300km前後からシートに不満を抱くようになって来ていた。

すべてとは、レガシィ、プリウス、ウイッシュ、インサイト、エスティマ・ハイブリッドなどである。

レクサス HS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス HS の関連記事

レクサス HSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス HS の関連記事をもっと見る

レクサス HS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円