autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート レクサスHS250h 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】

燃費レポート 2009/9/23 03:00

レクサスHS250h 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】(1/2)

関連: レクサス HS Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
レクサスHS250h 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】

アイドリングストップによる静けさが心地よい

レクサス HS250h
レクサス HS250hを運転する金子浩久氏伊豆・三島の分岐看板

沼津ICで東名高速を降り、西伊豆方面へ向かう。

夏の間は、この辺りは行楽客のクルマで大混雑するのが習わしだったが、新しい道路もできて、国道も拡幅されているから、だいぶ楽になっただろう。

夏も過ぎた平日の午前中はクルマの数も少なく、すぐに西伊豆の海岸線へ出た。

HS250hは走行中も静かだが、赤信号で停止した時にアイドリングストップすると、さらに静かになるのが心地良い。クルマに乗っていても、外の世界と通じ合えているような気がしてくる。

初代トヨタ・セルシオの、レコーディングスタジオに閉じ込められたような、外界から完全に遮断されたような静けさと違って、HS250hは外の世界と通じるような静かさだ。

赤信号でアイドリングストップすれば、クルマ自体が発する音は皆無となるわけだから、セルシオのように車内を無菌室に隔離するかのように静粛にする必要は生じない。

レクサス HS250h フロントイメージ

無音状態になるのではなくて、外を歩いている人と同じ音を聞いている、と考えればいい。

アイドリングストップは、ドライバーとクルマに乗る人の意識を外へ向かわせる。

クルマという殻に閉じこもらず、外と気持ちが一体化する。21世紀的だと思う。窓を開けよう!

神宮外苑の絵画館前からここまでスイスイと走って来てしまったので、パーキングスペースに停め、ちょっと一服。リアシートに座ってみたり、トランクスペースをチェックしたりする。

発表直後のメディア試乗会では、インテリアとエクステリアの組み合わせを何種類か見たが、黒と明るいベージュの組み合わせは初めて見た。このベージュ、明るいからほとんど黄色に見えてしまう。

黒に黄色。斬新なコンビネーションだが、阪神タイガースである。自分で選ぶかと訊かれたら、これにシックリと来る服を持っていないので、コーディネートの自信がない。

レクサス HS250h リアイメージレクサス HS250hと金子浩久氏レクサス HS250hと金子浩久氏レクサス HS250h フロントシートレクサス HS250h リアシート

レクサス HS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス HS の関連記事

レクサス HSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス HS の関連記事をもっと見る

レクサス HS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円