autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一 3ページ目

燃費レポート 2014/4/29 07:07

【燃費】トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一(3/5)

【燃費】トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート【郊外路編】

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート/エンジンルーム

前回、燃費テストを実施した「新型ノアSi ガソリンエンジン車」は、郊外路で予想外に好印象を抱いたクルマであったが、新型ヴォクシーハイブリッドもある“1点”を除いて印象はそのままであった。

動力性能がハイブリッドであるため、上り坂などで加速する際にはモーターアシストによる「瞬発力の高さ」が頼もしく感じられる。バッテリー残量も、きつい上り勾配が長く続くような場面でもなければバッテリーは常に十分な残量があり、力不足を感じることはないだろう。

また、郊外路でもスピードが60km/hくらいまでであればEV走行する頻度が意外に多かったこともお伝えしておこう。

ハンドリングも基本的には新型ノアSiと同じ印象で、ステアリング操作に対する反応やロールの起き方など、全高の高いミニバンでありながら不安感のないごく自然なもので、ワインディングロードなどでもその外観から受けるイメージ以上に運転を楽しむことが出来る。

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート/アルミホイール&タイヤ

新型ノアSiとの違いとしては、新型ヴォクシーハイブリッドの方がステアリングが重いことと、タイヤが新型ノアSiの205/60R16に対し、新型ヴォクシーハイブリッドでは195/65R15であるため当然グリップ感はノアSiに軍配は上がるが、新型ヴォクシーハイブリッドの方が限界が低い分ワインディングロードを常識的なペースで走っているだけでも「クルマを運転している実感」を強く感じられた。

このことは、好みによっては大いにプラス要素となるだろう。

そして、冒頭で“ある1点を除き”と書いたのは「乗り心地」についてだ。乗り心地は「新型ヴォクシーハイブリッドにおける弱点」と言えるほど厳しい。

具体的には、特にそれほど大きくないはずの路面の凹凸に対する吸収が悪い上、上下動が大きくて上下動の収まりも良くない。これは、乗り心地が悪いという声が多かったマイチェン前のプリウスや一部改良前のアクアと同じ傾向だ。

しかも、新型ヴォクシーハイブリッドにおいてもプリウスやアクアと同じように、ディーラーでの短時間試乗では乗り心地の悪さはあまり感じられず、ある程度の時間が経つと急に乗り心地の悪さが気になってくるというタチのタイプである。他の部分の完成度が非常に高いだけに、乗り心地の悪さは早急に改善を願いたいところだ。

郊外路での燃費も「22.0km/L」と、このクラスのミニバンとしては望外と言える数値を記録した。

ただし、ハイブリッドカーや電気自動車など、モーターとバッテリーを積むクルマの燃費向上で非常に重要となる「回生制動」に関しては、車重が重いためなかプリウスよりもブレーキの踏み方に気を使う必要があるように感じられた。

といっても、行うことはメーター左側のパワーメーターがチャージ側に振り切れてしまわないようにブレーキを「長く緩め」に踏むという、安全にも繋がるブレーキ操作を心掛けるだけなので、ぜひ実践して欲しい。

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 郊外路における実燃費/22.0km/L

トヨタ 新型ノアSi(ガソリンモデル) 郊外路における実燃費14.2km/L

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21