autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】日産 新型スカイライン(ハイブリッド・V37型)燃費レポート/永田恵一 2ページ目

燃費レポート 2014/3/22 19:17

【燃費】日産 新型スカイライン(ハイブリッド・V37型)燃費レポート/永田恵一(2/5)

関連: 日産 スカイライン Text: 永田 恵一 Photo: 和田清志/永田恵一
【燃費】日産 新型スカイライン(ハイブリッド・V37型)燃費レポート/永田恵一

日産 新型スカイライン(ハイブリッド・V37型)燃費レポート【高速道路編】

日産 新型スカイラインハイブリッド フロントフェイス2

まず新型スカイラインハイブリッドの動力性能について、セダンとしての実力は「世界トップクラス」「文句なし」と呼べるほどのものであった。

(実燃費テスト実施前に)高速の合流や追い越し加速の際にアクセル全開を試してみたが、文字通り「シートに押し付けられる加速」が味わえる。これだけパワーがあると、昨今の時代の流れや環境に対する方向性などを考えるとその必要性に疑問を感じてしまうほどである。

新型スカイラインハイブリッドに搭載されているような1モーター式のハイブリッドは、例えばEV走行の最中に追い越しなどのためアクセル全開で加速をする際に、エンジン始動のタイムラグによるレスポンス遅れが気になるところだが、新型スカイラインハイブリッドはエンジンが高出力で300馬力を超えていることや、7速ATの変速がツインクラッチミッション並に速いこともあって、レスポンス遅れは気にならないレベルで加速に移ることが出来る。

その他、高速道路における動力性能として、100km/h程度のスピードでもEV走行が可能なことや、7速での100km/hのエンジン回転数が1,500回転と非常に低く抑えられていることをお伝えしておきたい。

日産 新型スカイラインハイブリッド 高速道路燃費を測定中/海ほたるにて1日産 新型スカイラインハイブリッド 高速道路燃費を測定中/高滝湖

また、当日はアクアライン走行中の横風が非常に強かったのだが、そんな悪条件でのコンディションでも新型スカイラインハイブリッドはステアリングの修正を殆どすること無く走行すること可能であった。これは、ダイレクト・アダプティブ・ステアリングを含むアクティブレーンコントロールの大きな恩恵であろう。

アクティブレーンコントロールに関しては、高速道路の緩いコーナーでステアリングを補舵するように持って動作を確認してみたのだが、クルマ任せでも自分の車線のやや白線寄りをキープする形でコーナーをクリアすることができ、運転支援という意味で非常に高い可能性を感じた。

前方を監視するミリ波レーダーを使った「インテリジェントクルーズコントロール」(先行車追従型、先行車の停止まで機能)も、高速道路では加速、減速ともに実にジェントルで、他社と比較して「運転が上手」な部類であった。

欲を言えば、クルーズ中の車間距離を3段階から選ぶことが出来るのだが、最も短いと近過ぎてしまい、2番目にするとやや間隔が開き過ぎと感じたので、その辺りが今後改善されていくことを望みたい。

日産 新型スカイラインハイブリッド 高速道路燃費は「17.2km/L」

高速道路での燃費は「17.2km/L」と、車格や動力性能を考えれば文句のない数値だった。

なお、新型スカイラインハイブリッドのディスプレイにはEV走行距離も表示される。高速道路区間(72.5km)におけるEV走行距離は、高速道路区間の3分の1以上となる「25.3km」であったこともつけ加えておこう。

日産 新型スカイラインハイブリッド 高速道路における実燃費/17.2km/L

日産 スカイライン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイライン の関連記事

日産 スカイラインの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイライン の関連記事をもっと見る

日産 スカイライン の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20