autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート トヨタ プリウスα 実燃費レポート/岡本幸一郎 2ページ目

燃費レポート 2011/7/2 00:00

トヨタ プリウスα 実燃費レポート/岡本幸一郎(2/4)

トヨタ プリウスα 実燃費レポート/岡本幸一郎

中央道 双葉SA~長野道 松本IC

岡谷JCT

双葉SAでまた燃費をリセットし、走行を再開する。

ちなみに、燃料計は双葉SAを出た時点ではまだ満タンで、そこから10kmほど走ったところで、ようやく1目盛り下がった。(※プリウスαの燃料タンク容量は45リッター)

次に目指すのは長野道の松本ICだが、途中、中央道と長野道をつなぐ岡谷JCTあたりまではけっこうアップダウンがあって、燃費の表示も15km/L台、ひどいときは一時的に13km/L台を指すこともあった。

プリウスαの車内プリウスαの高速道路の燃費は「19.7km/L」!

しかし、やがて平坦な道が続くようになると19km/L台で安定。

それにしても、プリウスαの高速巡航時の走りはとても好印象だ。

 新たに採用したバネ上制振制御の恩恵が大きいと思われるが、姿勢がフラットで安定感はかなりのものだ。 松本IC到着時の燃費は「19.7km/L」、走行距離は89.7km。

松本ICに着く直前まで、残燃料の表示はまだ1目盛り減を維持していたのだが、松本ICで見たときには2目盛り下がっていた。

それにしても、210kmも走って2目盛りしか減っていないというのは、やっぱりたいしたものだ。

長野道 松本IC~安房峠道路 平湯IC(一般道)

ここでリセットし、ここから先は岐阜県の高山まで一般道の燃費を計る。

ちなみに外気温は、午前6時台の出発時は14度で、途中、中央道では23~4度を示したこともあり、松本IC到着時は19度。

ただし、だいぶ気温が上がってきたため、現実的な燃費ということで、エアコンをオンにした。外気温の表示は20度台中盤だったが、車内の温度は確実に30度以上あったはずだ。

国道158号線を西に向かい、安房峠を目指す。

燃費の表示は、松本市内の郊外を走っている間は概ね20km/hを超えていたが、安房峠が近づくと上り勾配が続き、15~16km/L台まで落ちたシーンも。

プリウスαのワインディングの燃費は「17.2km/L」!
プリウスα 走行イメージプリウスα 走行イメージ

途中、けっして攻めるような走り方はしなかったが、例の制御の恩恵でコーナリング時のロールも抑えられているし、ステアリングフィールがしっかりとしていて頼もしいあたりは好印象だった。

ちなみに、富山出身の筆者は、かつてこのルートを使って実家に帰省していたもので、旧道は道幅が狭く、つづら折りのワインディングが続き、それはそれで楽しかったのだが、今では快適な有料道の「安房峠道路」があるので、もちろん今回はそちらを通った。

 そして、安房峠道路の高山側の平湯ICでの燃費は、少し挽回して「17.2km/L」となった。

トヨタ プリウスα 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウスα の関連記事

トヨタ プリウスαの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスα の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウスα の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24