紅葉の下で乗りたい! 印象に残った大型ガラスルーフ車 5選

特別な景色と解放感が大型ガラスルーフの魅力!

一昔前には、ある種のステータスとしてサンルーフが“特別感”を満足させるオプションアイテムとして人気だった。しかし近年、こと国産車に限って言えば、大きな開口部を持つ大型のガラスルーフを持つモデルをほとんど見なくなってしまった。

だが大型のガラスルーフを備えたモデルなら、四季の移ろいを感じられ、夜には星空や夜景を存分に楽しむことができる。

これから本格的な行楽シーズンを迎えるにあたり、通常のクルマでは味わえない解放感と景色を楽しめる大型のガラスルーフ車を、筆者の独断と偏見で5車種ご紹介していこうと思う。

懐かしい! ラフェスタやエアウェイブの内外装を見る

日産 ラフェスタ

サンルーフの人気が薄れ、我々日本人が“天井にある窓”の存在を忘れかけていた2004年。当時の国産車には無かった大型ガラスルーフを標準装備し、大きな話題となったのが、日産 ラフェスタだ。

長さ1500mm、幅800mmという大きさもさることながら、低く抑えられたダッシュボードなどと相まって、特に2列目以降に乗車した時の解放感には驚かされた。

またルノー メガーヌと共通のプラットフォームを持ち、日本車離れした乗り味に、まだ、新米整備士だった筆者も驚いたことを鮮明に記憶している。

残念ながら、マツダ プレマシー(3代目)のOEMとなってしまった2代目では、大型ガラスルーフは廃止されてしまうが、日本に大型ガラスルーフを広めたパイオニアとして覚えておいていただきたい1台だ。

日産/ラフェスタ
日産 ラフェスタ
新車価格:
187.9万円308.2万円
中古価格:
10.5万円92.2万円

ホンダ エアウェイブ

上記のラフェスタが登場した翌年(2005年)、5ナンバーサイズのステーションワゴンとして登場したのがホンダ エアウエイブ。

今では同社でおなじみとなった、“センタータンクレイアウト”を採用したことで、クラストップレベルのラゲッジスペースを確保し、解放感のある車内空間を実現した。また現代のホンダ車に見られる、やや近未来的かつ流れるようなスタイリングと、長さ1110mm、幅770mmという大型ガラスルーフ(ホンダではスカイルーフと呼ぶ)が大きな特徴。

わずか5年という短い生産期間で終わってしまったが、欧州車のテイストを日本人的な解釈で作った画期的なモデルと言えるだろう。

ホンダ/エアウェイブ
ホンダ エアウェイブ
新車価格:
162.8万円199.1万円
中古価格:
14.8万円3,592.7万円

トヨタ プリウスα

エコカーの代名詞であるハイブリッド車でありながら、オプションで大型ガラスルーフを選択できるのが、トヨタ プリウスαだ。

ガラスルーフは、「車重が重くなる」というイメージがあり、燃費に悪影響を及ぼしそうだが、プリウスαは、ガラスよりも約40%軽い樹脂製を採用。燃費への影響はもちろん、重心が高くなることも見事回避している。

前後で分断される構造のため、大型ガラスルーフほどの解放感は得られないものの、ロールーフミニバン特有の閉塞感を大きく和らげるには、十分な機能を果たしている。

トヨタ/プリウスα
トヨタ プリウスα
新車価格:
261.2万円370.4万円
中古価格:
55.1万円403.3万円

シトロエン C5 エアクロス SUV

シトロエン C5 エアクロス SUVは、2019年5月に日本で販売が開始されたミドルクラスSUV 。全長4500mm、全幅1850mmという日本ではやや大柄なボディで在りながら、ポップなカラーのエアバンプのおかげで、近年の国産やドイツ車あたりに見られる威圧感はない。

実は国産車ではあまり見られなくなった大型のガラスルーフ(シトロエンでは「パノラミックサンルーフ」)だが、フランスを中心としたヨーロッパでは人気の装備。また基本的な予防安全装備も備え、さまざまにアレンジできるセカンドシートや大容量のラゲッジスペースなど、今の欧州ファミリーカーらしいパッケージングになっている。

シトロエン C5 エアクロス SUV カタログページ

ボルボ XC40

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、2年連続でボルボが受賞するという快挙を成し遂げたボルボ XC40。

内外装のデザイン、見た目の走りの質感など、すべての面において完成度が高く、業界関係者だけでなく多くのユーザーからも高い評価を受けている。

そんなXC40では、入門グレードであるT4以外すべてのグレードで、メーカーオプションとして“電動パノラマ・ガラス・サンルーフ”を選択可能。XC40のインテリアは、清潔感があり、そのままでも十分気持ちの良い車内空間を持つが、開口部の大きなガラスルーフを装着することで、より一層明るく開放的な空間を手に入れることができる。

ボルボ/XC40
ボルボ XC40
新車価格:
396.2万円569.4万円
中古価格:
469.8万円539.8万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
増田 真吾
筆者増田 真吾

和太鼓とROCKを愛する自動車ライター。国産車ディーラー、車検工場でおよそ15年自動車整備士として勤務したのち、大手中古車販売店の本部業務を経験。その後、急転直下で独立しフリーの自動車ライターに転身。国家資格整備士と自動車検査員資格を保有し、レースから整備、車検、中古車、そしてメカニカルな分野まで幅広い知見を持つ。昔の彼女が付けた肩書は「熱血太鼓車バカ」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

日産 ラフェスタの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ラフェスタのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ラフェスタの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ラフェスタの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ラフェスタのニュース一覧

シトロエン C5エアクロスSUVの最新自動車ニュース/記事

シトロエンのカタログ情報 シトロエン C5エアクロスSUVのカタログ情報 シトロエンの中古車検索 シトロエン C5エアクロスSUVの中古車検索 シトロエンの記事一覧 シトロエン C5エアクロスSUVの記事一覧 シトロエンのニュース一覧 シトロエン C5エアクロスSUVのニュース一覧

ボルボ XC40の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ XC40のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ XC40の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ XC40の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ XC40のニュース一覧

自動車評論家コラムの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事